チャンネルデバイダーのVR制御(製作編8)

f:id:torusanada98:20180816072650j:plain

製作編8

フロント・リアパネルの部品との干渉を確認して、ATT基板の実装を開始します。

干渉確認

前回までに組み上げたフロントパネルをボトムシャーシに取り付けて、改めて基板実装部品との干渉確認をします。ATT基板は、製作編4で確認したとおりスペーサー長を35mmとします。

f:id:torusanada98:20180816072715j:plain

この状態で、この基板の手前側に基板を置きます。製作編4で確認したとおり、スペーサー長を5mmとします。

f:id:torusanada98:20180816072758j:plain

フロントパネルのプッシュSWは、パネルのフランジからわずかに飛び出していますが、基板面との間に十分間隔がとれていましたので問題ありません。この実装でなんとかなりそうです。この隣もATT基板となるので、合わせて表示基板との干渉を確認しました。5mm長のスペーサーを付けた基板を配置してみます。

f:id:torusanada98:20180816072833j:plain

プッシュSWと位置がかぶりますが、隣の基板の確認同様に問題ありません。表示基板との間隔も十分とれていて、かつ端子台のネジへのアクセスもできるので、この実装で問題なさそうです。

f:id:torusanada98:20180816072903j:plain

ATT基板部品実装

干渉問題がクリアになったので、早速ATT基板の部品実装を開始します。参考として回路図を再掲載します。

f:id:torusanada98:20180816072954p:plain

実装する部品は、リレー12個、16pin DIP IC4個、端子台7個です。以前に検討した配置を絵にしてみました。

f:id:torusanada98:20180816073027j:plain

最初に全部品を仮ハンダして固定します。基板を立てて、各部品の1つの端子のみをハンダします。この際、部品が半抜け状態でも気にせずハンダします。

f:id:torusanada98:20180816073102j:plain

仮ハンダした全ての部品が、傾いて固定されています。尚、端子台は外れにくいので仮りハンダの対象から除外しています。この状態で各部品を手で押さえながら、仮ハンダした部分に再度コテを当てて溶かし、部品を正常な状態に実装し直しました。

f:id:torusanada98:20180816073138j:plain

仮ハンダは写真のとおりです。

f:id:torusanada98:20180816073211j:plain

この基板の配線は、スパゲティー状態になる事が予想されるので、電源やGND等の共通配線は、先に行っておきます。初めにリレーの操作コイル用の+12V電源配線を行います。単芯電線の芯線を使います。

f:id:torusanada98:20180816073300j:plain

続いて、DIP ICの+5VとGND配線を行います。配線の都合を考えて、ソケットの向きを2転させたため、基板が汚れてしまいましたが、なんとか配線できました。

f:id:torusanada98:20180816073334j:plain

続いて、残りのチャンネルのリレー操作コイル用の+12VとA-GND配線を行います。ここでもミスを連発し、ハンダ吸い取り線のお世話になったため、基板がさらに汚れてしまいました。

f:id:torusanada98:20180816073408j:plain

続いて、最初のチャンネルのA-GND配線を行います。ここでふと、アッテネータ用の抵抗の発注をしていない事に気づきました。減衰量優先で定数決定したため、1個も在庫対応できない状況です。秋月電子の通販業務は8/15までお休みなので一気にやる気がそがれてしまいました。続きは、抵抗入手後にしたいとおもいます。

おまけ

盆休みに家内の所有する長野の別荘へ行ってきました。盆休み進行を取ったので、帰宅直後の記事は入念に準備しましたが、その後の作業の準備を怠った事が抵抗発注漏れの原因となりました。

f:id:torusanada98:20180816073506j:plain

今回は2匹のネコ同伴で、2匹は家族とともに先に来て11泊、私はスーパーあずさでおっかけ2泊のみですが、のんびりできました。

f:id:torusanada98:20180816073600j:plain

ねこ2匹は、最初は警戒していましたが、1匹は途中で慣れて写真のとおりです。到着した日の晩(11~12日)に車で約1時間の美ヶ原高原に行き、13日に極大を迎えるペルセウス座流星群を見てきました。到着直後は満天の星空で、新月と重なっていくつも流れ星をみる事ができました。15分程で霧で星が隠れてしまい写真を撮る事ができませんでしたが、来た甲斐はありました。写真撮影はまたトライしてみたいと思います。次回はATT基板実装の続きを行います。

 

つづく(製作編9)