女神たちの争い(製作編4)

f:id:torusanada98:20180215073935j:plain

製作編4

L-ch用基板を実装して通電確認を行います。

実装開始

2枚目基板実装は、1枚目の実装のまねをするだけでいいので気が楽です。但し、忠実に実装位置を同じにしないと、実装が異なる部分の配線検討が必要になるだけでなく、左右チャンネルの特性差の原因となります。これを避けるために、違った部分に気をつかいますが、実装の効率は1枚目の実装に比べて圧倒的に高くなります。1枚目と同様に4スミにスタッドを取り付け、端子台、電解コンデンサーを取り付けます。

f:id:torusanada98:20180215074011j:plain

次に、オペアンプ用ソケット、GND配線とオペアンプ電源のパスコンを取り付けます。

f:id:torusanada98:20180215074048j:plain

オペアンプ用ソケットは、基板を立ててソケットを基板に差し込み、その状態で1つの端子のみ仮ハンダします。この状態では、ソケットが基板から浮いた状態なので手で押さえながら、仮ハンダした端子に再度コテを当てます。ハンダが溶けるとソケットは正規の位置まで差し込まれます。続いて、フィルター用RC取り付け用ポストを実装します。前回同様にRCのハンダ付けを楽にするようにポストの背面板をカットします。

f:id:torusanada98:20180215074234j:plain

カットはニッパで無理して切っている事と、気温が低い中の作業でいくつもモールドを割ってしまいました。辛うじて予備分で数の確保ができました。加工が終わったポストを基板に実装しますが、ハンダには工夫が必要です。ポストのモールドが熱に弱い事と、基板穴径に対してポストの端子径が小さいため、逆さにするとハンダが固まる前にポストが落ちてしまいます。そこで、基板を立てて置き、ポストを挿して1極のみをハンダします。この状態ではポストが傾いているので、モールドを押さえながら先ほどハンダした部分を再加熱してポストを規定の状態に実装しなおします。オペアンプ用ソケットの実装と同じ要領です。

f:id:torusanada98:20180215074148j:plain

モールドを押さえるときに、誤って端子に触っていると火傷します。なんとか8個取り付けが完了しました。次にボルテージフォロワに入力抵抗を取り付けて部品の実装は完了です。

f:id:torusanada98:20180215074305j:plain

続いて、ジャンパー線を使った配線を行います。2枚目は1枚目のまねするだけではつまらないので、複数のジャンパを使って配線していた部分を長い電線で1本で配線しました。最後にフィルター用RCをポストに取り付けて完成です。

f:id:torusanada98:20180215074336j:plain

通電確認

1枚目と同様に、最初はオペアンプを挿さずに各部の電圧確認を行います。1枚目の様に過電流保護が働くことなく順調です。次にMUSES01を実装して電圧確認を行います。これも問題ありません。残りMUSES032個を実装して電圧確認を行いましたが、特に問題ありませんでした。

周波数特性の測定

f:id:torusanada98:20180215074412j:plain

前回同様に2Vppの正弦波を入力し、出力をポケットオシロで観測します。写真はHot-chの500Hz(カットオフ周波数)入力時の観測波形です。

f:id:torusanada98:20180215074455j:plain

水色が入力信号で黄色が出力信号です。この時のゲインは約-5dBで1枚目の基板と同等で問題ありません。測定結果を先に測定したR-chの結果と比較します。

f:id:torusanada98:20180215074719p:plain

誤解のないように、1枚目の測定結果公開じと同様にコメントを入れさせていただきますが、5KHz以上はポケットオシロのレンジの関係で誤差が増え、20KHz以上は測定限界により、ゲイン曲線が下がりません。従って、5KHz以上の結果は当てになりませんが、設計どおり動作していると考えられます。続いてCold-chの測定を行います。同様にカットオフ周波数入力時の観測波形を掲載します。

f:id:torusanada98:20180215074643j:plain

R-ch同等で問題ありません。最後にCold-chの周波数特性をグラフ化します。

f:id:torusanada98:20180215074540p:plain

設計どおり動作している事が確認できました。1枚目の多発したトラブルで学習させていただいたことで、2枚目の通電確認は順調に終わりました。次回は、チャンネルデバイダのシャーシに載せ替えを行い、現行基板との音質の比較を行います。

 

つづく(製作編5)

バランス方式EL34ppアンプ修理(番外編17)

f:id:torusanada98:20180210170802j:plain

番外編17

予定を変更して、セミマルチアンプシステムのスコーカー&ツイーター駆動に使っているEL34ppパワーアンプの修理を行ったので紹介します。

きざし

昨年末(2017年12月中旬頃)にいつもの様に音楽を聴いていたところ、右チャンネルから「がさがさ」というノイズが聴こえました。すぐさまアンプの電源を切ったので原因の特定まではできませんでした。ノイズの帯域からしてスコーカーとツイーターを駆動しているEL34ppアンプが原因の可能性が高いと考えられます。しばらくして、電源を入れ直したところ特に問題はなく、その後1ヶ月以上、異常は発生していませんでした。

EL34の購入

念のため、EL34のペア品を購入しておく事にしました。現象が再現していない中、購入する事にした理由の1つは、昨年(2017年)の真空管オーディオフェアの新忠篤先生の講演です。先生が昔、レコード会社に勤めていた時に、カッティングルームのモニター用アンプとしてEL34パラレルプッシュプル構成のモニター9というアンプが使われていて、毎週末ごとにEL34を4本交換されていたとのお話をされていました。使い方によっては、EL34の寿命はこんな物かと思ったのを思い出したからです。いつものとおり、アマゾンで購入しました。購入時にいつも思いますが、アマゾンの真空管のラインナップは多彩です。今回購入したJJ Electronic社のEL34も2ペアから8ペアまで用意されています。

f:id:torusanada98:20180210170835j:plain

各組数の単価を見ると、4本組が一番高く、2本、8本、6本の順番になっています。これは需要の順になっているのでしょうか?また、JJ以外のEL34もいくつが取り扱われています。

f:id:torusanada98:20180210170917j:plain

掲載した中では、Mullard製が一番高価格となっていますが、ブランドのネーム以外にも差があるものなのでしょうか?一度、価格の高い真空管に差し替えて音を聴いてみたいとおもいました。私の購入したものは、購入後90日間の製品保証なので、購入してほったらかしにしておく事もリスクがありますが、高額ではないので気にしない事にしました。現品はこんな感じで届きました。

f:id:torusanada98:20180210170957j:plain

ペア品に伴う取り扱い注意文が貼られています。緩衝材を外すとこんな感じです。

f:id:torusanada98:20180210171038j:plain

外箱には、測定結果が貼られています。Ipを含む測定条件とGmの測定結果です。私の使用条件はIp=35mAなのでほぼ同じ条件で測定されている事になります。Gmの誤差は約0.15%とペア特性としては良好です。

再発

ノイズ発生を忘れかけていた時、チャンネルデバイダのオペアンプ変更の音質比較をするため、オリジナル状態で音楽を聴いていたところ、「がさがさ」ノイズが再発しました。今度は先にEL34ppアンプの電源を切ったところ、ノイズが消えた事から原因はEL34ppアンプと特定されました。前回現象が出てから、約1.5ヶ月が経過しています。重い腰を上げて修理をする事にしました。

EL34ppパワーアンプ

このアンプは、オーディオ趣味復帰後の大型製作1号機となります。それまで真空管アンプの設計を行った事がなかったため、参考書を購入して理解してから設計に取りかかりました。回路は以下のとおりです。

f:id:torusanada98:20180210171131p:plain

差動2段構成のシンプルな回路ですが、真空管の安定性を生かして差動入力差動出力構成としています。この回路図ではNFBがかかっていますが、現在は帰還回路を外して無帰還として使っています。各段ともに半導体定電流源を採用し、オートバイアスとしています。従って、初段・終段の真空管を交換しても終段Ipのオフセット調整のみですみます。

終段管の交換

原因は終段管のEL34と特定できていませんが、決め打ちで交換してみることにしました。久しぶりにボンネットを開けると、普段未使用時にシートを被せているとは言え、埃が積もっています。交換前に現状の終段の終段Ipのオフセットを計ってみました。測定はシャーシにテスタリード用のチップ端子を付けたので便利です。

f:id:torusanada98:20180210171242j:plain

結果は約0.8Vもあり調整時から真空管の特性が変化している可能性が高い状況です。この部分の等価回路は以下となり(63.5Ωは出力トランス巻き線の直流抵抗値)、測定結果からIp電流の差は12.6mAと算出できます。終段のIpを35mAとしていますので、無視できないレベルの差となっていました。

f:id:torusanada98:20180210171335p:plain

早速、終段のEL342本を交換しました。

f:id:torusanada98:20180210171439j:plain

新品のEL34は美しいです。ドキドキしながら電源オンし、オフセットを調整します。オフセット調整もシャーシ上からできる様に半固定抵抗を取り付けています。

f:id:torusanada98:20180210171540j:plain

安定を待ってから調整し、おおよそ10mV以下に調整しました。

これで交換作業は完了です。重い腰をあげた割には、交換作業はあっけなく終わりました。前回のノイズの不再現期間が1ヶ月以上あったので、当面様子を見ながらの使用となります。万が一不調となっても修理が自前でできるのは、自作ならではのメリットだと改めて思いました。

 

おわり(番外編17)

女神たちの争い(製作編3)

f:id:torusanada98:20180207121842j:plain

製作編3

前回の通電確認で発覚した周波数特性異常の原因を特定して対策します。

周波数特性異常

前回、組み上がったフィルタ回路の周波数応答を測定し、結果をグラフ化したところ、減衰の傾きが緩く、設計は-12dB/Octのはずが見た目には-6dB/Octくらとなっていました。基板を取り外し、最初にRCの値を確認しましたが問題ありませんでした。次に配線不良や漏れを確認しましたがこれも問題ありません。他に確認のポイントがなくなってしまったので、仕方なく現行の基板を眺めたところ、フィルタ用の2つのコンデンサ(C1とC2)の取り付け位置が逆になっていることに気づきました。改めて基板配線と回路図を比較しましたが、実装に問題はありませんでした。途方にくれて、いつも持ち歩いているネタ帳の当時のメモを見たところ、手書きのフィルタ回路が今回使った物と違っている事に気づきました。

f:id:torusanada98:20180207121900p:plain

確認の結果、ネタ帳の手書きの回路図の方が正しい事が判明しました。ご丁寧に、実体配線図(風)の物も描いていました。今回実装に使った分も含めて回路図エディタで作図したもの全てが間違っていた事が誤りの真相でした。幸い現行回路は、手書き回路図を元に実装したため問題ありませんでした。下記が間違った2次のSallen-Keyローパスフィルタです。

f:id:torusanada98:20180207121931p:plain

回路図エディタで作図したものが間違えていたと言うことは、今までブログに掲載した回路図も全て間違っていて、そのトラップに自らハマッタと言うことになります。そういえば、フィルタのRC取り付け用のポスト周りの配線時に、以前の作業と異なる様な違和感を覚えたのを思い出しました。直ぐさま公開直前の構想編2と、対象記事の回路図を変更しましたが、思いの外量が多く時間がかかってしまいました。基板の配線を見たところ、比較的簡単に修正できそうです。まずは1系統のみを修正しました。

f:id:torusanada98:20180207122006j:plain

左が修正前で、右が修正後です。RC取り付け用ポスト周りの配線を変更しています。それぞれの写真の右側に4つの端子がありますが、これがRC取り付け用ポストの片側です。修正前は4つの端子が接続されていますが、修正により3つの端子のみの接続となり、一番下の端子は、ジャンパを介してGNDに接続しました。写真下の3つの端子はLPF出力用の端子台ですが、ここへの接続も変更しています。

周波数特性の測定

改めて周波数特性の測定を行います。入力信号を2Vppとして、周波数を10Hzから600KHzの範囲で出力レベルを測定します。測定はポケットオシロの電圧モニタ機能を使用しました。写真はカットオフ周波数500Hz時の応答波形です。

f:id:torusanada98:20180207122052j:plain

昔、LCRのフィルタのカットオフ周波数の減衰量として1次の場合は-3dB、2次の場合は-6dBと教わった記憶がありますが、上記の結果はそれよりも若干小さく約、-5dBとなっています。測定結果をグラフ化してみます。

f:id:torusanada98:20180207122131p:plain

グラフは、今回測定したものと、現行基板の測定結果を重ねています。結果は全く同じとなりました。尚、5KHz以上の結果は、測定レンジの関係で測定誤差が大きくなり、さらに20KHz以上は測定限界のためレベルが下がりません。5KHz以上のf特はあまり当てになりませ。先日作成したプリアンプを使えば20dB程度改善できるはずなので使うべきだったと、記事を書いてておもいました。

残り1系統の修正

同様に、残り1系統の回路を同様に修正して周波数特性の測定を行います。下記は500Hz時の応答波形です。

f:id:torusanada98:20180207122206j:plain

結果は、Hot-chと変わりません。Hot-chと同様に結果をグラフ化します。

f:id:torusanada98:20180207122242p:plain

今度はHot-chと結果を重ねました。Cold-chの特性も同じになっている事が確認できました。次回、L-chの実装を行い通電確認を行います。

あとがき

発覚したフィルタ回路の誤りは、今回の構想編2公開前に気づいたため「女神たちの争い」は誤った発信をせずにすみました。チャンネルデバイダの回路が掲載された他記事は、現時点では回路図の修正を優先させ、回路変更を入れた注記までできていません。順次入れていきたいとおもいます。

 

つづく(製作編4)

女神たちの争い(製作編2)

f:id:torusanada98:20180203171113j:plain

製作編2

片チャンネル分のフィルタ基板の実装が完了したので通電確認を行います。トラブル多発でめげそうになりました。

通電確認

初めに、オペアンプを実装せずに電源を入れて各部の電圧確認を行います。電源にはユニバーサル電源を使用し、+/-12Vを供給します。いつものとおり念のため、100mAで過電流保護を設定しました。楽勝とおもい電源オンしたところ、+電源側で過電流保護が働きました。写真は、撮影用に保護の電流値を50mAに下げて撮影したものです。

f:id:torusanada98:20180203171135j:plain

左が通電前の設定状態で、出力12Vで過電流保護設定50mAとなっています。右が出力をオンし、過電流保護が働いている状態です。右上のボタンのランプが赤で出力状態を示し、その隣に2つのボタンがありますが、右が+出力用で赤く点灯していて過電流保護が働いている事を示しています。表示は、電流が49mA流れていて出力が0.01Vまで下がっている状態です。基板を取り外し、ハンダ面の配線を何度も見直しましたが、+電源系の配線に異常は見つかりませんでした。一旦休憩をとろうかとおもいつつ部品面を眺めたところ、原因がわかりました。今回、被覆電線の使用を削減するためにジャンパを多用しましたが、そのジャンパとハンダ面の配線固定用に基板に挿した電線がショートしている部分を見つけました。(写真中央)

f:id:torusanada98:20180203171241j:plain

ジャンパ線が+12V電源ラインで、ハンダ面から突きでている電線がGNDラインです。GNDライン側をカットしてここからGND電線が出ないように対策しました。この対策で+電源系のショートは直りました。このトラブルでかなり時間をとってしまいましたが、気を取り直して続きの確認を行います。

通電確認つづき

今回の基板上の半導体オペアンプ3個のみです。従って電圧の確認はオペアンプ用のソケットの各端子の電圧が主なポイントとなります。1難去ってまた・・・。MUSES01用のソケット4pinは-電源端子ですが、何故か+12Vが供給されています。さらに2つのMUSES03用ソケットの4pinも-電源端子ですが、オープン状態の電圧表示となっていました。基板をはずしてハンダ面を確認したところ、-電源系が一切接続されておらず、おまけにMUSES01の-電源端子に+電源が配線されている事がわかりました。自分の注意不足を反省しつつ配線修正および追加を行いました。写真右が修正前で左が修正後です。

f:id:torusanada98:20180203171329j:plain

写真右上に電源用の3極の端子台があり、その左側が-電源端子ですが、電解コンデンサの配線しかされていませんでした。(写真左)この修正で被覆電線が2本追加となりましたが、3個のオペアンプ用ソケット各端子の電圧は想定値となりました。

オペアンプの実装

前回の記事で紹介したとおり、今回からオペアンプをソケットに挿した状態で基板ソケットに実装します。基板実装時は、ソケット2段積みとなります。

f:id:torusanada98:20180203171426j:plain

初めにMUSES01のみを実装して、通電確認します。各端子の電圧に問題ありませんでした。次にMUSES032個を実装して、同様に通電確認します。

f:id:torusanada98:20180203171519j:plain

全ての端子の電圧に問題はありませんでした。強いて言えば、出力のオフセットが少し大きめな点が気になりましたが、調整のしようがないので気にしないことにしました。それぞれの電圧値は、Hot-chが約2mV、Cold-chが約5mVでした。出力オフセット電圧は、正規の電源に接続した状態で改めて測定したいとおもいます。

周波数特性の測定

この測定で、今回最大のトラブルが発覚しました。このため測定の詳細は別途とし、発覚したトラブルのみ紹介します。測定は10Hzから600KHz周波数応答を確認します。結果は順調にとれたとおもいつつ、グラフにしたところ減衰の傾きが設計よりもなだらかとなっていました。オペアンプの変更だけで傾きが変わる?わけはありません。今度はなにをやらかしてしまったのでしょうか?次回は、このトラップの真相を明らかにし、通電確認の続きを紹介します。

 

つづく(製作編3)

女神たちの争い(製作編1)

f:id:torusanada98:20180131151503j:plain

製作編1

フィルタ回路基板の部品を準備して実装を開始します。

部品の調達

製作用の部品の調達は、全て通販で対応しています。送料はかかりますが買い物に行く時間とコスト、探す時間を考えると高くはありません。今回もいつもお世話になっている秋月電子で必要な部品を準備しました。ここは価格がリーズナブルで配送も安定しているため常用しています。MUSES製品は、ネット上の特設ページから秋月電子の対象製品へリンクが貼られていることもあり、安心して購入できます。今回のメインは、MUSES01を2個、MUSES03を4個ですが、MUSES03の在庫が2個と足りませんでした。仕方がないので2個だけ注文し、残り2個を他で探すことにしました。検索したところ、共立電子に在庫がある事がわかり無事調達する事ができました。写真は秋月電子共立電子のMUSES03のパッケージです。

f:id:torusanada98:20180131151526j:plain

秋月電子のパッケージは個装で、データシート、丸ピンdipソケット、出力電流制限用抵抗が付属します。対して共立電子のパッケージは注文分2個のみが入ったそっけない物となっています。価格は秋月電子が、2,500円で共立電子が2,900円でした。価格も含めたサービスでは秋月電子が圧勝です。入手できない事を考えたら共立電子の在庫もありがたいとおもいました。尚、秋月電子のパッケージに付属するdipソケットは、無酸素銅リードフレームの強度不足を補う為にソケットに差して使用し、交換時もソケットごと交換をするためのものです。今まで購入したMUSES01にも付属されていましたが使った事がありませんでした。抜き差しを繰り返す中で必要性を痛感したので、今回から使用してみる事にしました。

f:id:torusanada98:20180131151611j:plain

実装開始

いつものとおり、安定した作業ができるように、部品面とハンダ面の両方にスタッドを取り付けます。今回部品単体で一番背の高いものは、在庫消化のために使用する電解コンデンサMUSE 100uF/50V品です。この高さを考慮して部品面側に取り付けたスタッドの種類を選びました。

f:id:torusanada98:20180131151654j:plain

続いて現行基板に合わせて、4角に3極の基板端子台を取り付けます。

f:id:torusanada98:20180131151739j:plain

次に、電源入力用の端子台の脇に電解コンデンサMUSE 100uF/50V品を2個取り付けます。

f:id:torusanada98:20180131151819j:plain

次は、大物部品の配置を決めるために、ソケット、パスコン、RC取り付け用のポストを基板において配置バランスを取ります。MUSES03+RCのフィルタ部は、配置を共通にして配線も共通にします。写真は少しづつ位置をずらして決定した大物部品の配置です。

f:id:torusanada98:20180131151901j:plain

決定した位置で、ソケット3個を仮ハンダします。これで全体の位置を確定できます。続いてGNDの配線をします。各端子台のGND端子間をループにならないように接続します。

f:id:torusanada98:20180131151950j:plain

GND配線とオペアンプの電源端子に相当するソケットの端子間にパスコンを取り付けます。

f:id:torusanada98:20180131152032j:plain

パスコンに使用したフィルムコンデンサは、SUNTAN TECHNOLOGY社製の0.47uF/100V品です。サイズも大きくなく1個30円と手頃なのでいつも使用しています。次に、フィルタのRC取り付け用のポストを取り付けます。ポストはタイコエレクトロニクス製の2極の基板コネクタを流用しています。いつものとおり、背面のモールドを少しカットしてRCのハンダ付けをやりやすくしています。

f:id:torusanada98:20180131152127j:plain

このポストだけは、いつもマルツオンラインで購入しています。同等仕様のものを秋月電子で探しましたが販売されていないため、やむおえずの購入です。価格は5個で140円で送料が486円です。コストを考えると同等仕様のものを秋月電子で取り扱って欲しいとおもます。最後に、フィルタ用のRCをポストにハンダ付けして完成です。

f:id:torusanada98:20180131152225j:plain

今回の実装では、できる限り被覆電線を使用せずに配線を行いました。

f:id:torusanada98:20180131152314j:plain

被覆電線の使用は、Hot-chとボルテージフォロワ入力間だけですみました。この実現のために、今回はジャンパ線を多用しています。

f:id:torusanada98:20180131152403j:plain

ジャンパ線多用による被覆電線の使用削減は、いい頭の体操になりますが、その分実装に時間がかかってしまいました。次回はトラブル多発の通電確認を紹介します。

 

つづく(製作編2)

女神たちの争い(構想編2)

f:id:torusanada98:20180128153812j:plain

構想編2

前回紹介したMUSES03を使ったチャンネルデバイダを具体的に構想します。

チャンネルデバイダ

今回の製作も、前回の「安定化電源製作」と同様に基板載せ替えの改造となります。安定化電源製作では、チャンネルデバイダの電源基板を載せ替えましたが、今回はフィルタ基板を載せ替えて、音質の比較を行います。現状のチャンネルデバイダの回路は以下のとおりです。

■フィルタ回路

f:id:torusanada98:20180128153841p:plain

■電源回路

f:id:torusanada98:20180128153922p:plain

フィルタ回路は、入力をボルテージフォロワで受けてその出力をベッセル特性のアクティブフィルタへ入力します。バランス方式を取っているので片チャンネル当たりHotとColdの2系統で、現行の回路は2回路入りのMUSES01を2個で構成しています。構想編1でも紹介しましたが、MUSES01のオペアンプとしてのスペックは今一つなので、アクティブフィルタ用途としてはどうかと?考えていました。今回はボルテージフォロワ部はそのままMUSES01とし、アクティブフィルタのみ、MUSES03に変更した基板を製作します。あまり代わり映えしませんが、オペアンプを変更した回路図も参考に掲載します。

f:id:torusanada98:20180128154001p:plain

セミマルチアンプシステム

アクティブフィルタ回路のおさらいの前に、このチャンネルデバイダが組み込まれるシステムについて簡単に説明します。スピーカーはヤマハのNS-1000Mをマルチアンプ対応に改造しています。具体的には、ネットワークと一体になったオリジナルのターミナルを取り外し、代わりにウーハー、スコーカー、ツイーター専用のターミナルをもうけています。

f:id:torusanada98:20180128154050j:plain

現行のシステムは、ウーハーのみパワーアンプと直結し、スコーカーとツイーターは取り外したオリジナルのネットワーク回路を介して接続しています。下図はこのシステムのブロック図です。

f:id:torusanada98:20180128154138p:plain

ウーハーの駆動は、モノラルA級バランス方式DCパワーアンプを、スコーカーとツイーターの駆動には、バランス方式EL34プッシュプルパワーアンプを使用しています。従って、チャンネルデバイダの出力は、LPF出力とスルー出力2系統となります。

アクティブフィルタ回路

NS-1000Mのウーハー駆動用なので、オリジナルのネットワークに合わせて、カットオフ周波数を500Hzとしています。下図がこのチャンネルデバイダで採用したSallen-Key2次のアクティブローパスフィルター回路です。

f:id:torusanada98:20180129072457p:plain

フィルター定数は、K=1.4としてベッセル特性としていますが、定数の決定には以下の式を使用しました。

fc = 1 / (2π x C1 x R1)

R2 = K x R1

C2 = C1 / K

fc = 1 / (2π x C2 x R2)

選定した定数でカットオフを計算し直すと、カットオフ500Hzに対して若干周波数が低くなっていますが、目をつぶっています。

フィルター回路基板

写真は、現行のフィルター回路基板の片チャンネル分です。

f:id:torusanada98:20180128154307j:plain

3極の基板端子台が4個搭載されていますが、左上が電源入力で、その右が信号の入力、左下がLPF出力で、その右がスルー出力です。今回製作する基板の端子台もこの配置に合わせます。オペアンプが2個実装されていますが、写真上がボルテージフォロワ用で、下がアクティブフィルタ用です。どちらもMUSES01が実装されていますが、下側のオペアンプをMUSES03x2個で置き換えます。アクティブフィルタ用のCR実装は、定数の変更を考慮して基板ポストに取り付けています。1系統当たりCが2個、Rが2個ですが、この実装方法も踏襲します。本記事のアイキャッチ写真が現行のチャンネルデバイダですが、3枚の基板のうちフィルタ回路基板2枚を載せ替えて音質の比較評価を行います。次回は部品を揃えて実装を開始します。

 

つづく(製作編1)

女神たちの争い(構想編1)

f:id:torusanada98:20180125072337j:plain

構想編1

昨年(2017年)に発売された高級オーディオ用オペアンプMUSES03を使ったチャンネルデバイダを構想します。

MUSES03

ミューゼスはギリシャ神話で文芸を司る女神(ムーサ)達の事です。このMUSESを使った製作なので大層なタイトルを付けてしまいました。以前、MUSES01にデスクリートアンプで挑みましたが(2017-01-06「音楽の女神への挑戦」)今回はMUSESシリーズ同士の勝負となります。MUSES03については2017-08-08の記事「A級バランスHPアンプ製作(製作編5)」で簡単に紹介しましたが、このオペアンプを使ったチャンネルデバイダを構想するにあたり、改めて紹介します。MUSES03は、2017年3月24日に販売開始のプレスリリースが行われました。このプレスリリースの中では、「MUSESシリーズの新しいフラグシップモデル」と唱われていて、下記の用途を想定されています。

・高級オーディオ機器

・プロ用オーディオ機器

パッケージはDIP8ピンのみで、今ではめずらしい1パッケージに1回路仕様です。従って、従来のMUSESシリーズのオペアンプとの差し替えはできませんが、最良の状態で動作をさせるための仕様と理解しています。ピンアサインは以下のとおりです。

f:id:torusanada98:20180125072400p:plain

MUSES03特長

プレスリリースの中で、3つの特長が説明されています。それぞれについて紹介します。

■高音質回路

高音質回路として説明されているのは、「フルバランス型差動増幅回路」の採用です。バランス型差動増幅のメリットは本ブログの今までの製作の中で何度も紹介してきましたが、プレスリリースの中では、「応答性、ダイナミックレンジ、歪率の特性向上」と説明されています。

f:id:torusanada98:20180125072438p:plain

■高音質組立技術

この具体的な対応は、「入力段と出力段をそれぞれ別チップとした2チップ構成」です。メリットとして「入力と出力を分離し相互干渉を低減」と説明されています。この構造に伴うスペックに関しては後で確認してみたいとおもいます。

f:id:torusanada98:20180125072512p:plain

■高音質素材

これは「リードフレームに高純度の無酸素銅を採用(MUSES01/02と同様)」です。メリットとして「最小限の劣化で信号を伝達」と説明されています。

f:id:torusanada98:20180125072549p:plain

今まで同素材が使われたMUSES01を使用してきて、無酸素銅リードフレームの大きな欠点は強度です。ソケット使用時の装着の際に、慎重に差し込まないとあしを曲げてしまいます。

MUSESシリーズオペアンプ仕様比較

2017-08-08の記事に掲載した比較表を再度掲載します。

f:id:torusanada98:20180125072626p:plain

比較の対象は、MUSESシリーズのオペアンプの中でJ-FET入力のMUSES01とMUSES8920としています。以前のフラグシップMUSES01は、音質重視の観点からかスペックにはこだわないように見えます。この結果殆どの項目でMUSES03の数値が上回っています。特に今回のチャンネルデバイダ用途で考えると、GB積の値が気になりました。チャンネルデバイダのアプリケーションは、アクティブフィルタとして動作させているため使用帯域で理想オペアンプ動作する事が前提となります。データシートに掲載されたGB積はf=10KHz時のゲインとの積で、MUSES01の3.3MHzに対してMUSES03は12MHzとなっています。言い換えると、10KHz時の裸ゲインは、MUSES03の方が3.6倍高い事になります。次に目につく項目は、全高調波歪です。MUSES01の0.002%に対して0.00003%と圧倒的に低歪率となっています。これはフルバランス型差動増幅の恩恵でしょうか?

負荷電流仕様

MUSES03の大きな特長は、その負荷電流仕様と考えます。前出の3種類のMUSESシリーズオペアンプの負荷仕様について整理してみました。

f:id:torusanada98:20180125072707p:plain

上記の比較を見ると、MUSES03のドライブ能力の高さがわかります。ディスクリート構成のラインアンプに見劣りしないスペックと言えます。ひとえに、「入力段と出力段の2チップ構成」がこのドライブ能力に寄与していると考えられます。この仕様にともなって、データシートに以下の注意事項が追加されていました。

f:id:torusanada98:20180125072743p:plain

仕様の詳細を確認した事で、このオペアンプへの期待が高まりましたが、チャンネルデバイダへの適用の構想は次回とします。

 

つづく(構想編2)