A級バランスHPアンプ製作(製作編18)

f:id:torusanada98:20170921072505j:plain

製作編18

前回、シャーシへの基板とトランスの取り付けが終わったので配線を行います。

配線

配線の種類を分類すると、電源の1次配線、電源の2次配線、信号の配線、電源ランプの配線があります。電源の2次配線にはトランス-電源基板間と電源基板-アンプ間に分類できます。最初に電源基板-アンプ間の電源線の配線を行います。

アンプ基板電源配線

この部分の配線には、古川電工のBX-S0.75sqを使用しました。被覆はポリエチレンで高周波特性が良く、柔軟性と機械的強度もあります。BX-Sのポリエチレンは電子線で照射架橋した耐熱電線で、320℃のハンダ槽に1分浸しても溶融しないとの事です。オヤイデで購入しましたが、100円/mとそれなりの価格です。

f:id:torusanada98:20170921072530j:plain

初めに、ヘッドフォンアンプの終段の+/-9Vラインの配線をします。左右独立電源なので各ヘッドフォンアンプ基板に独立して配線します。GNDラインはループを避けるため配線をしません。

f:id:torusanada98:20170921074312j:plain

次に+/-12Vラインの配線をします。配線先は、プリアンプ基板とヘッドフォンアンプの電圧増幅段と2つの端子台になります。電源基板側の端子台は、左右アンプ用にそれぞれ1つづつしかないので、分岐電線をつくりました。ハンダ付けした部分は熱収縮チューブで処理しています。

f:id:torusanada98:20170921074638j:plain

GNDラインは、ループを避けるためにプリアンプの電源端子台へのみ配線しています。このあたりは、実際に動作させて決めたいとおもいます。写真はここまでの作業を終えた状態です。

f:id:torusanada98:20170921074718j:plain

さらに配線を進めるために、フロントパネルとリアパネルを取り付けました。(本記事アイキャッチ写真参照)

1次側配線

1次側に関係する部品は、ACインレット、ヒューズホルダ、電源スイッチとトランスです。トランスは今までの製作と同様にトロイダルトランスを選択していますが、今回は従来の物に比べて1サイズ容量の大きな物を使っています。

f:id:torusanada98:20170921074756j:plain

従来使ってきたものは、2次巻き線として12V/500mA x2でしたが、今回は12V/1A x2の容量をもっています。これでヘッドフォンアンプの終段のA級動作も余裕で対応できます。ラベルからもわかるとおり、1次側に120V用のタップを持っていますが、今回は使用しないためこのタップ用の電線は処理をします。2.5mmの端末保護キャップを被せてインシュロックで縛りました。

f:id:torusanada98:20170921074829j:plain

トランスの1次100V入力を電源スイッチ、ヒューズホルダ、ACインレットに配線します。電線はトランスの1次入力電線の切れ端を流用しました。1次電源線の2本の線のループ面積を小さくするように2本の電線はできる限り平行して配線しました。

f:id:torusanada98:20170921074921j:plain

f:id:torusanada98:20170921074955j:plain

2次側配線

トランスの2次巻き線を電源基板に配線します。トランスのラベルに印刷されているとおり、2次巻き線は2巻き線独立となっています。黄と白の電線を束ねてGNDとし、灰と橙を逆相のAC出力として電源基板に接続します。

f:id:torusanada98:20170921121620j:plain

最後の信号線以外の配線となりますが、電源ランプの配線をします。ランプからは細い足が出ていて、直接電線を接続するとショートする心配があるので、小さくカットした基板で足を一旦受けて、その基板へ電線を接続しました。これで少々電線を引っ張られてもショートの心配はありません。

f:id:torusanada98:20170921121718j:plain

信号線の配線

信号配線用の電線にはベルデンの1503Aを使います。この電線は2芯シールド線で外形が3.6mmと比較的細く、機内配線に適しています。この電線の一番の特徴はDuofoilシールドです。

f:id:torusanada98:20170921121839j:plain

外側の被覆の内側にアルミ箔テープが貼られていて、そこにドレインワイヤーが接触しています。配線時に外側の被覆をカットするとアルミ箔テープは被覆とともにカットされてドレインワイヤーと2本の芯線のみ残ります。メーカーの説明によると網線によるシールドよりも効果が高く、なにより一番良い点は配線時に3芯の電線のように扱える点です。

f:id:torusanada98:20170921121932j:plain

この電線ですが、アマゾンでも買えます。10mで1550円でした。

次回は、この電線を使って信号線の配線を行います。

 

つづく(製作編19)

A級バランスHPアンプ製作(製作編17)

f:id:torusanada98:20170917220846j:plain

製作編17

フロント・リアパネルの加工が終わったのでボトムシャーシの加工を行います。

ボトムシャーシ

ボトムシャーシの基板取り付け面のサイズはW314xD230です。初めに加工完了したフロントパネルとリアパネルを取り付けて基板の配置検討を行いますが、その前にボトムシャーシの前後を決めます。寸法が前後非対称となっているのは、フロントとリアパネル取り付け用のネジ穴の位置です。一方はパネルを取り付けた際に、シャーシ端とパネルの面がほぼ一致する位置にねじ穴が開いています。反対側は、シャーシ端から少し入った位置にパネルが固定される様にネジ穴が開いています。過去の製作合わせて、正面パネルが少し奥に入る向きにシャーシの前後を決めました。

■シャーシ前

f:id:torusanada98:20170917220926j:plain

■シャーシ後

f:id:torusanada98:20170917221006j:plain

この状態で部品の取り付け位置を検討します。

ボトムシャーシ設計

ボトムシャーシに取り付ける部品は、ヘッドフォンアンプ基板が2枚、プリアンプ基板と電源基板がそれぞれ1枚と、電源用のトロイダルトランス1個です。それぞれの部品を実際に置いて配置を考えてみます。考慮するポイントは以下のとおりです。

・信号の流れ

トロイダルトランス漏洩磁束による影響

・各基板の端子台への配線

基本的な配置は、正面から見て左に電源基板を置き、その右にプリアンプ基板を、一番右側にヘッドフォンアンプ基板を前後に2枚並べたいと思います。その際の電源基板とトロイダルトランスの前後方向の配置として2通りありますが、具体的に並べて検討してみます。

配置案1

トロイダルトランスを前側に配置します。この場合の特徴は、信号が「電源」→「入力信号」→「プリアンプ出力」→「ヘッドフォン出力」と素直に流れます。気になる点としては、トロイダルトランスと4連ボリューム間の電磁気的な干渉です。

f:id:torusanada98:20170917221057j:plain

配置案2

配置案1とは反対に、トロイダルトランスを後ろ側に配置します。この配置はステレオプリメインアンプに多いパターンです。アンプ基板への電源供給を少し離れた位置から行う点が特徴です。懸念事項は、トロイダルトランスと隣接するプリアンプ基板間の電磁気的な干渉です。

f:id:torusanada98:20170917221141j:plain

配置の決定

判断のポイントは隣接するトロイダルトランスの影響をボリュームとプリアンプ基板のどちらの方が受けやすいかという点です。ボリュームの抵抗は2kΩ、プリアンプの入力抵抗を10KΩとしている事から、プリアンプへの影響の方が大きいと考えて配置案1で進める事とします。

基板の固定

基板の向きは、信号が自然に流れる観点で決めます。固定は10mmの金属スタットを使いますが、スタッドの位置を未実装基板を使って現物合わせで決めます。未実装基板をボトムシャーシに置いて、取り付け穴のセンターにマジックで印を付けていきます。基板4枚ともに印を付けたら、次にトロイダルトランスの取り付け穴4点のセンターにも印を付けます。次に、マジックで印を付けた位置をポンチで叩きドリルで穴開けします。最初に2mmの穴を開け、3.2mmに広げます。合計20箇所に3.2mmの穴を開けました。

f:id:torusanada98:20170917221231j:plain

スタッド取り付け

基板1枚ごとにスタッドを取り付けて正しく基板が固定できることを確認していきます。スタッド4本を緩く取り付けて、その状態で基板固定用のネジ4本が締められるかを確認します。基板4枚の固定確認で、そのまま4カ所ねじ締めができたのは1枚で、残り3枚は4本中の3本のみ締めることができました。締めることのできたスタッドをしっかりと固定し、締めることができなかったスタッドは外して、穴をヤスリで削ってスタッド位置をずらします。

f:id:torusanada98:20170917221317j:plain

3枚の基板のスタッド位置の調整を行い、全てのスタッドを固定しました。

f:id:torusanada98:20170917221414j:plain

トロイダルトランスの固定も3mmのネジを使いますが、固定用の板金の穴径が大きいため丸座金を使います。

f:id:torusanada98:20170917221510j:plain

全ての部品の取り付け準備が終わったので実際に基板を取り付けてみます。ケースサイズを大きくした為、余裕のある実装となりました。手前側のセンターに空きスペースがありますが、フロントパネルに取り付けた4連ボリュームがここに入ります。

f:id:torusanada98:20170917221606j:plain

次回、取り付けた基板およびトランスの配線を行います。

 

つづく(製作編18)

A級バランスHPアンプ製作(製作編16)

f:id:torusanada98:20170913123329j:plain

製作編16

前回、フロントパネルの加工が終わったので今回はリアパネルの加工を行います。

リアパネル

リアパネルには、RCAジャック、XLRパネルコネクタ、ロータリースイッチ、ヒューズホルダとACインレットを取り付けます。この中でXLRパネルコネクタ、ヒューズホルダとACインレットが丸穴以外の加工が必要となり、フロントパネルに比べて格段に手間がかかります。加工の準備として加工図面をカットして貼り付けます。

下穴開け

リアパネルには角穴を含めて合計で14個の穴を開けます。このうち部品固定用のビス穴が6個ありますが、現物合わせで後で開けるためこのタイミングでは下穴は8個開けます。ACインレットは角穴が必要ですがカット線を引くために四隅に印を付けます。穴のセンター8カ所と合わせて合計で12箇所にポンチで印をつけました。加工図面を剥がし、角穴用の四隅の印を使ってカット線をひきました。

f:id:torusanada98:20170914072130j:plain

XLRパネルコネクタ用のφ21の穴はシャーシパンチで開けるため下穴径は10mmとします。ACインレット用の角穴はハンドニブラを使うため、この下穴径も10mmとしました。他丸穴はドリルの刃が適合するサイズで下穴を開けました。

f:id:torusanada98:20170914072749j:plain

RCAジャック取り付け

下穴はφ8で開けました。RCAジャックは本体が入るだけではだめで、取り付け時外側の白い絶縁板の内径側の凸部が穴に収まるサイズにする必要があります。リーマーで様子を見ながら穴を広げていきます。絶縁板が収まったらもう1つも同様に加工します。

f:id:torusanada98:20170914072826j:plain

XLRパネルコネクタ取り付け

下穴をφ10で開けています。φ21の穴はシャーシパンチを使用しますが、加工用の板金をはさみ込む様に内側に刃を、外側に押さえ用のコマをφ10のネジが切られたシャフトにセットします。

f:id:torusanada98:20170914074251j:plain

軸にセットしたハンドルをテコの原理で回していきます。最初は容易に回りますが、刃が入っていくと、簡単には回らなくなります。休み休み、なんとか刃が全部入りました。同様にもう1つの穴も開けます。この作業が全工程の中で一番辛い気がします。もっと楽に穴を開けられる方法はないでしょうか?

f:id:torusanada98:20170914074331j:plain

ここからはヤスリを駆使して必要な形状に加工します。φ21ではボディーが微妙に入らないため、全体的に穴径を広げます。続いて、パネルコネクタのロック機構を逃がす為に穴の上部を長方形状に削ります。最後に左右と下の3方向に円形のデッパリを逃がす加工をして完了です。どうしてこんな形状となっているか理解できませんが、セットするためにとにかくもう1つ分同様に加工します。

f:id:torusanada98:20170914074410j:plain

ロータリースイッチ取り付け

下穴はφ8と回り止め用にφ3で穴開けしています。ボリュームの軸の穴をリーマーで1mm広げます。軸が入る用になったら回り止め用のボスが入るようにφ3の穴を少しづつ広げてゆきます。ボスが入るようになったらバリを取って完成です。

f:id:torusanada98:20170914074452j:plain

軸のカットは、リアパネル完成時に行います。試しに回したところ、3接点以上にグルグルまわり、また発注を間違えたかとおもいましが、確認したところ、取り付け時にストッパの位置がずれただけでした。正しくセットしなおして、3接点に対応した動きとなりました。

ヒューズホルダ取り付け

下穴はφ12で開けてあります。上下にφ12.78の半円を付けた形状まで、ヤスリで削っていきます。それっぽい形状になったところで試しにセットして様子をみます。この作業を繰り返しセットできる形状まで追い込みます。

f:id:torusanada98:20170914074531j:plain

ACインレット取り付け

下穴はφ10で開けてあります。そこへハンドニブラの刃を入れて、先に引いたカット線にそって切っていきます。爪切りのような仕組みなので、21x12の角穴を開けるだけでもかなりの回数のカット動作が必要です。切り終わったら、平ヤスリで形状をならします。

f:id:torusanada98:20170914074611j:plain

固定用ビス穴あけ

最後にXLRパネルコネクタとACインレット取り付け用ネジ穴を現物合わせで開けます。部品をセットしてビス穴の中心にマジックで印をつけて、ポンチで叩きます。合計6カ所をφ3.2のドリルで穴開けします。穴開け後、部品を付けてネジを入れますが、現物合わせしたにもかかわらず、そのまま入る箇所は半分もありません。仕方がないのでヤスリで穴位置のズレを加工します。写真は、ACインレット取り付けをパネル裏から写したものです。

f:id:torusanada98:20170914074654j:plain

リアパネル完成

全部品を取り付けて、ロータリースイッチの軸をカットします。軸はモールド製で、糸ノコでカットしようとしましたが、刃が入っていきません。全周にキズを付けた状態で、ニッパで切ってしまいました。ツマミを付けてしまえばカットの状態は気になりません。本記事のアイキャッチ写真が完成時のリアパネルを正面から見たものです。右側のXLRパネルコネクタをあと5mm~10mm左に寄せた方がバランスが良かった気がします。下の写真は、リアパネルを裏側から見たものです。ようやく完成が見えてきました。

f:id:torusanada98:20170914074742j:plain

次回はボトムシャーシへ基板を取り付けていきます。

 

つづく(製作編17)

A級バランスHPアンプ製作(製作編15)

f:id:torusanada98:20170910081704j:plain

製作編15

ケースの加工図面が完成したので、それを使って加工に着手します。

ケース

前回の記事で紹介したとおり、今回選択したケースはタカチ電機のUS-320LHです。アマゾンのマーケットプレースに出店しているストアから購入しました。日曜発注で、翌週の月曜日着と少々時間がかかりました。購入価格は8,340円でした。梱包はタカチ電機の物そのもので、US-260LHの梱包よりも数段大きなものでした。

f:id:torusanada98:20170910081735j:plain

開けてみます。中にはUS-260LH購入時と同様のコンパクトな梱包が入っていました。

f:id:torusanada98:20170910081846j:plain

中には分解された各部品がビニールに入れられて詰まっています。フロントとリアパネルを内部に収めることで梱包容積を小さくしています。

f:id:torusanada98:20170910081930j:plain

フロントパネル加工

久々の板金加工なので、慣れることも考慮して加工が単純な正面パネルから始めます。とは言え、正面パネルはキズ付けには細心の注意が必要なので気は抜けません。加工は丸穴のみで合計6カ所です。いつものように加工図をパネルの輪郭に沿って切り取ります。

f:id:torusanada98:20170910082016j:plain

穴の位置関係は加工図面で決まるため貼り付けは、神経質になる必要はありません。2次元CADを導入して一番楽になった作業です。

f:id:torusanada98:20170910082107j:plain

穴開け位置の中心にポンチで位置出しをします。その際にパネルのフランジを逃がす為と、ポンチを叩いた際の板金の歪みを防ぐ為にパネル内に収まり、フランジ長よりも厚い木板を敷きます。合計6カ所の穴のセンターに印を付けます。

f:id:torusanada98:20170910082158j:plain

小径の丸穴は、ドリル、ステップドリル、リーマーで開けます。

f:id:torusanada98:20170910082239j:plain

写真は常用している穴開け用のツールで左から2mm, 3mm, 3.2mm, 4.2mm,7.5mmのドリルと次がステップドリル、右端がリーマーです。はじめに2mmのドリルで穴を開け、ドリルの刃を太くして必要な穴径まで広げます。初めに6穴をドリルの刃が適合するサイズであけます。

f:id:torusanada98:20170910082341j:plain

次に各穴に部品が入る様に加工していきます。まずは電源ランプと電源スイッチを取り付けます。下穴はφ6で開けてあります。電源ランプはφ7なのでリーマーで1mm穴径を広げます。スイッチはφ6ですが、微妙に穴径を広げなければスイッチが入れられませんでした。

f:id:torusanada98:20170910082426j:plain

次にボリューム取り付け用の穴を開けます。下穴はφ8とφ3で開けています。軸の入る穴径をリーマーで1mm広げて軸が入るように加工します。この状態では回り止め用のボスが刺さらなかったのでリーマーで少し広げては入るかの確認を繰り返しました。回り止め用の穴がボスに対して緩くなるとボリュームを回しきった時の感触が格段に悪くなります。正しく装着できるようになったらヤスリでバリを取り完了です。

f:id:torusanada98:20170910082525j:plain

最後にヘッドフォン出力用のジャックを2個取り付けます。下穴をφ8で開けたので、そのままの状態で部品が入りました。この部分はヤスリを使ったバリ取りのみです。

f:id:torusanada98:20170910082617j:plain

フロントパネルへのジャックの取り付けは初めてなのでデザインが気になります。2つのジャックで色が違う事も気になっていましたが、こんな感じになりました。

f:id:torusanada98:20170910082706j:plain

一通り加工が終わったので、全ての部品を取り付けてデザインを確認しました。

f:id:torusanada98:20170910082806j:plain

せっかくなのでボリューム用のつまみも取り付けてみました。ツマミは価格は高いですが、見栄えも大事なのでφ45アルミ削り出しのものを今回も購入しました。共立エレショップで1,902円のものです。全てを取り付けたらこのようなデザインとなりました。

f:id:torusanada98:20170910082903j:plain

フロントパネルが完成すると、完成間近の実感が高まります。次回はリアパネルの加工をおこないますが、複雑な穴加工が多いので気合いを入れて臨みます。

 

つづく(製作編16)

A級バランスHPアンプ製作(製作編14)

f:id:torusanada98:20170906121920j:plain

製作編14

基板への部品実装が全て終わったのでシャーシの設計を行います。

選定したケース

今まで製作してきたプリアンプ系のアンプ類に比べて基板が1枚多く、トータルの消費電力も大きいことから従来選択していたケースより1サイズ大きな物を購入しました。タカチ電機のUS-320LHです。サイズはH84xW320xD230で、従来使ってきたUS-260LHに比べ、幅が6cm、奥行きが4cm大きくなっています。パネルサイズはW316xH80です。

f:id:torusanada98:20170906122010j:plain

正面パネルの設計

正面パネルには、電源ランプと電源スイッチ、ボリューム、バランスヘッドフォン用出力ジャック、標準ヘッドホン用出力ジャックを取り付けます。電源ランプと電源スイッチは従来と同じ物を選択しました。

f:id:torusanada98:20170906122115j:plain

製作機器に統一感を出すために、パネルの左端からの配置を他の機器と合わせました。取り付け穴径は電源ランプがφ7で電源スイッチがφ6です。次にボリュームですが、いつも使っているアルプス電気製の4連タイプのRK27を選択し、名古屋のボントンというストアから通販で購入しました。特性は2KΩAタイプです。今回で5個目の購入となりました。

f:id:torusanada98:20170906122209j:plain

このボリュームは、モータ付きでリモコン対応も可能ですが、ヘッドフォンアンプは基本、手元で使うことを想定しているので、現時点ではモーターの使用予定はありません。取り付け穴径はφ9とセンターから10mm位置に回り止め用にφ3のボス穴を空けます。取り付け位置は正面パネルのセンターで考えています。残りはヘッドフォン出力用の2つのジャックです。バランス出力用ジャックは、マル信無線製MJ-068Hで2.5mm4極タイプです。標準出力用ジャックは、マル信無線製MJ-073Hで3.5mm3極タイプです。取り付け穴径はどちらもφ8です。

f:id:torusanada98:20170906122309j:plain

灰色の物がMJ-068Hで黒がMJ-073Hですが、このシリーズのジャックは4極仕様の場合色が灰色となるようです。ボディーはモールド製で取り付けパネルとは絶縁されます。バランスヘッドフォン用の4極ジャックの接続に関する知識がないので組立までに調べる必要があります。ジャックの配置はバランスヘッドホンの使用が前提なので(標準は比較用)、向かって右側にバランス出力を設け、常用時の見た目のバランスを良くしたいと考えてます。いつもの様にフリーの二次元CAD(AR CAD)を使って図面を作成します。製作時に等倍で印刷してパネルに貼り付けて加工を進めます。

f:id:torusanada98:20170906122406p:plain

リアパネルの設計

リアパネルには、アンバランス入力用のRCAジャック2個とバランス入力用のXLRパネルコネクタ2個、入力切り替え用のロータリスイッチ、ヒューズホルダ、ACインレットを取り付けます。RCAジャックは以前の製作の際に購入して使わずに保管していたものを使用します。これも取り付けパネルと絶縁がとれるタイプです。

f:id:torusanada98:20170906122457j:plain

次はXLRパネルコネクタです。いつもアマゾンで購入しますが、複数セットの為毎回購入しているわけではありません。今回も残り2個だったので購入せずに済みました。パネルの穴加工が複雑なので、加工図面を作成する事を考えるといつも同じ物を使いたいとおもいますが、アマゾンの安定供給には心配があります。

f:id:torusanada98:20170906122547j:plain

続いてロータリスイッチです。初めて秋月電子から購入しました。仕様は4回路3接点ですが、ストッパの位置変更により4回路2接点に変更が可能となっています。プリアンプ設計時の回路図では2接点仕様で考えていましたが、バランス入力時のプリアンプスキップのポジションを追加して3接点で使いたいとおもいます。

f:id:torusanada98:20170906122635j:plain

写真のとおり、軸が長いので切断して長さ調節が必要ですが、うまく加工できるか心配です。軸はモールド製なのでカット自体はできそうです。つまみが付属されていましたが、これを使うかは思案中です。次はヒューズホルダです。マル信無線のMF-525Mで、チャンネルデバイダで使った物と同じです。回り止めのためパネルの穴加工が大変ですが、完成時のフィーリング確保のため頑張りたいとおもいます。

f:id:torusanada98:20170906122718j:plain

最後にACインレットです。これもマル信無線製のMJ-27Sです。ヒューズホルダと同様にいつも使っているものです。ヒューズホルダ同様にパネル加工に手間がかかります。

f:id:torusanada98:20170906122819j:plain

配置は向かって左からRCAジャックを縦にならべ、隣にXLRパネルコネクタ2個を、その隣にロータリースイッチを配置します。向かって右からACインレットとヒューズホルダを配置します。完成した図面は以下のとおりです。

f:id:torusanada98:20170906122900p:plain

パネルが大きいため、今回は図面がA4サイズには収まりません。A3に印刷して加工に使用します。次回は今回作成した加工図面を使ってパネルの加工を行います。

 

つづく(製作編15)

A級バランスHPアンプ製作(製作編13)

f:id:torusanada98:20170903204357j:plain

製作編13

アンプ基板の実装が完了したので、電源基板の実装を行います。

電源回路

最初に設計をおさらいします。終段をA級動作させるために、発熱を考慮して終段の電源電圧を下げたため、片チャンネルあたり4電源となりました。バランスヘッドフォンの駆動用なので、左右独立電源に拘り、両チャンネルで倍の8電源が必要となりました。回路を簡略化するため全てを三端子レギュレータで構成しています。設計編で公開した回路図から少し変更しました。

f:id:torusanada98:20170903204501p:plain

大もとの平滑用電解コンデンサにフィルムコンデンサを並列に追加しました。また電源ランプ用の電流制限用抵抗を買い忘れたため、手元在庫の4.7KΩに変更しました。

部品レイアウト

三端子レギュレータを使うとは言え、8電源を収める事と、消費電力面で+/-9V電源のレギュレータには放熱器を取り付けるため実装する大物部品が多いです。はじめに概略のレイアウトを決めないと搭載しきれない恐れがあります。熟考のうえ、放熱器を基板の長辺に並べて配置し、回路をその手前側に集中させる事にしました。+/-12Vはレギュレータに放熱器を付けない為、回路をコンパクトにまとめて短辺に片チャンネル分づつを配置することにしました。写真は構想した部品レイアウトにそって大物部品を配置したものです。

f:id:torusanada98:20170903204547j:plain

三端子レギュレータ

今回は+/-12、+/-9VともにJRCの1A品を使用します。フルモールドタイプのTO-220Fパッケージです。

f:id:torusanada98:20170903204634p:plain

ご存知かとはおもいますが、78xxが+電源用で79xxがー電源用で、xxに出力電圧が入ります。+とーで端子配置が異なっています。同じにすれば覚えやすいと以前から思っていましたが、この仕様の場合間違って使ってしまっても、レギュレータIC自体が壊れないのではと思い至りました。この考えは正しいのでしょうか?いや出力の電流の向きが逆なので壊れるのでしょうか?レギュレータICを電流の流れに対して正面を向けて配置すると配線が入れ子になりにくいと考えて、今回は出力用の基板端子台と全て対向させた配置をとっています。

放熱器の実装

放熱器は固定用に2つのピンが出ています。ユニバーサル基板のホールの穴間隔とあっていますが、穴径が小さい為広げる必要があります。最初に2mmのドリルの刃で広げたところガバガバになってしまったため、キリで様子を見ながら広げました。レギュレータの足3本と合わせて5本で、想定以上にしっかり固定されました。

f:id:torusanada98:20170903204740j:plain

放熱器にはM3のネジ穴があり、そこへプラネジでレギュレータを固定しました。フルモールドなので金属ネジでも問題ないかもしれません。

f:id:torusanada98:20170903204832j:plain

回路実装

出力のパスコン用に購入していたMUSE KZ 100uF/50V品はサイズ面から今回も使用を断念しました。念のため購入しておいたFine Gold 100uF/25V品をアンプ基板と同様に使用します。

f:id:torusanada98:20170903204922j:plain

+/-12Vレギュレータは、実装効率を上げるため出力用の端子台に対向して並べて配置しました。あまり発熱しないとは言え、温度上昇が少し心配です。

f:id:torusanada98:20170904121254j:plain

実装が完了しました。

f:id:torusanada98:20170903205012j:plain

+/-12Vのレギュレータは、左右で平行移動した配置としているため、左右の端子台の出力の並びが反対となりました。配線時に注意が必要です。配線が完了しました。結果は写真のとおりです。

f:id:torusanada98:20170903205125j:plain

被覆線は平滑後の電源を三端子レギュレータに入力する部分のみ使用しています。記事を書いていて気づきましたが、部品実装完成写真には電源ランプ用の2極の端子台が未実装でした。

通電確認

購入済みのトロイダルトランスを使うのは面倒なので、今回もユニバーサル電源からDC電圧を供給して動作確認を行います。

f:id:torusanada98:20170903205419j:plain

AC12Vの振幅に相当する+/-16.8Vを端子台から供給します。定格の出力電圧が確認できたら、念のためDCの+/-入力を反対にします。同様に出力電圧を確認します。合わせて電源ランプ用の出力にLEDを接続して点灯を確認しました。各部の電圧は以下のとおりです。

f:id:torusanada98:20170903205518p:plain

これで全ての基板の製作が終わったので、次回シャーシの加工に着手します。

 

つづく(製作編14)

A級バランスHPアンプ製作(製作編12)

f:id:torusanada98:20170831072314j:plain

製作編12

HPアンプ最後のamp4の実装を行います。

amp4実装

初段はカスコード用NPNのペアと電流源用NPN単品が必要です。残りのトランジスタからカスコード用としてNo.8と9を、電流源用にNo.25を選択しました。

f:id:torusanada98:20170831072334p:plain

HPアンプ用のNPNの残りの所用は2個です。続いて2段目の差動アンプ用のPNPペアを選択します。No.7と8を選択しました。PNPの残りの所用はドライバコンプリメンタリ用の1個となり(予約済みのNo.1)ペア品がかなり余りましたが次回の製作用に温存します。

f:id:torusanada98:20170831072426p:plain

PNPはテーピング品を購入しています。使用するためにはテープから外す手間がかかります。足のフォーミングも通常品とは異なり、自動機で実装しやすくなっています。

f:id:torusanada98:20170831072521j:plain

逆に手付けの場合は高さ位置が決めにくくやりにくいです。唯一選別品を保管する場合、一目でNPNと区別できるメリットがあります。

f:id:torusanada98:20170831072559j:plain

続いて温度補償用のNPNを選択します。No.30に決めましたが、ドライバ用に予約したNo.4が最後の所用です。PNP同様にペア品がそこそこ余りましたがこれも次回の製作で使用したいとおもいます。

f:id:torusanada98:20170831072634p:plain

ドライバと終段は、それぞれ残りの選別品を使用します。今回はトランジスタの引きが良く、うまく選別品が確保できました。

■ドライバTr選別

f:id:torusanada98:20170831072736p:plain

■終段Tr選別

f:id:torusanada98:20170831072813p:plain

部品実装が終わりました。被覆線による配線が残っているので、隣のamp3の配線よりすっきりしています。

f:id:torusanada98:20170831232027j:plain

残りの配線に2時間以上かかりました。奥に見える基板の配線に比べて良くなっています。それに伴って配線にかかった時間も短くなりました。

f:id:torusanada98:20170831072909j:plain

最後に初段のJ-FETを実装します。Idss測定一覧の残りのNo3を使用しました。

f:id:torusanada98:20170831072945p:plain

実装は8ピンdipソケットを使用しています。

f:id:torusanada98:20170831073020j:plain

J-FETは6ピンの変換基板に実装しているため、ソケットへの実装は1ピン合わせで2つのピンを余らせて装着します。事前にIdss測定をしているため、実装上のトラブルはamp3まではありませんでした。

f:id:torusanada98:20170831073113j:plain

温度補償用トランジスタをエポキシ接着剤で終段のトランジスタに接着して完成です。

f:id:torusanada98:20170831073156j:plain

2枚の基板のトップビューはほぼ同じです。写真右が完成したばかりのものです。

f:id:torusanada98:20170831073240j:plain

一方、半田面の配線は細部で異なっていますが、経験による改善です。4回路共に実装を揃えるべきとの指摘はあるかとおもいますが、できる限り実装の効率を上げて早く完成させたいとの思いからこのような対応としています。

f:id:torusanada98:20170831073316j:plain

amp4通電と調整

4回目になると慣れたものです。逆に油断による失敗を警戒してます。amp3までの調整手順と同様に行い、各部の電圧を測定しました。

f:id:torusanada98:20170831073352p:plain

次に終段のアイドリング電流の温度補償特性の確認を行いました。結果は以下のとおりです。調整が甘く、ターゲットの電流値よりも低くなっていますが、正規の電源と組み合わせた際に再調整をするつもりです。

f:id:torusanada98:20170831073427p:plain

最後に動作確認を兼ねて周波数特性の確認を行いました。他のアンプ回路と同様に測定範囲内でフラットな特性の確認ができました。だいぶ時間がかかってしまいましたが、これでプリアンプを含めてアンプ基板の製作が完了しました。

f:id:torusanada98:20170831073507j:plain

次回は電源回路の実装を行います。

 

つづく(製作編13)