DACユニットの検討(製作編35)

製作編35 DACユニットブレッドボードの音出しまで終わったので、ブレッドボードのユニット化に向けてソフト設計をします。 実装する機能 実装する機能は今まであまりちゃんと考えていませんでした。ユーザーインターフェース用の部品は、漠然とモーメンタリ…

DACユニットの検討(製作編34)

製作編34 完成したDACユニットブレッドボードの音を聴いてみます。 準備 完成したブレッドボードの音を聴く前に現行システムで耳を慣らします。さらに前々から気になっていた吸音ボードを購入したので、これを機会に使ってみる事にしました。部屋は2辺が外…

DACユニットの検討(製作編33)

製作編33 実験基板を使った動作確認が終わったので、実装用のミュート回路を作成して回路実装を行い最終動作確認をします。 実装用ミュート回路 基本回路は変わりませんが、リレーを2個駆動する必要があるので、実験回路をベースとして修正します。部品点数…

DACユニットの検討(製作編32)

製作編32 ミュート回路実験基板の単体動作確認が終わったので、ブレッドボードに搭載して改めて動作確認を行います。 実験基板搭載確認 確認項目は、片チャンネル分ですが、GEN_FLAGによってディスクロード時のノイズにミュートが正しくかかる事を確認します…

DACユニットの検討(製作編31)

製作編31 手持ち部品でミュート実験回路を設計して動作確認をします。 ミュート回路 リレーは2cタイプをノーマリーオフで使用します。従って再生中は常に操作コイルに電流を流し続ける必要がありますが、選定したリレーは操作電流が12.5mA/chなのであまり影…

DACユニットの検討(製作編30)

製作編30 音だしで確認されたノイズの対策検討を行います。 ノイズの原因 ノイズの発生は、ディスクがロードされたタイミングで発生する事がわかりました。その時の同軸デジタル信号を確認してみたところ、何か変化が起こっているようです。変化を捕らえるた…

DACユニットの検討(製作編29)

製作編29 ブレッドボードの動作確認が終わったので、音を聴いてみます。 音聴き準備 最初に真空管ヘッドフォンアンプに接続して音を聴いてみます。接続用にXLRコネクタ変換ケーブルを作成しました。3極の端子台出力をXLRコネクタに変換します。 製作した変…

DACユニットの検討(製作編28)

製作編28 製作したジグの周波数特性の測定を行い、ジグ基板を使ってDACユニットの特性を再測定します。尚、次回からは従来どおり週2回のアップロードに戻します。 ジグ周波数特性測定 初めに今回実装した2次LPF2段の周波数特性の測定を行います。入力は1Vp…

DACユニットの検討(製作編27)

製作編27 オシロスコープのFFT機能について追加確認を行い、その結果から追加でジグを作成します。 FFT機能追加確認 オシロスコープのFFT機能を理解している方には当たり前の仕様確認となりますが、お付き合いいただければとおもいます。確認方法は、2チャン…

DACユニットの検討(製作編26)

製作編26 前回セットアップしたジグ基板を使ってDACユニットのバランス出力特性の測定を行います。 バランス出力特性測定 測定時のファームウェアは、各DAC基板をモノラル動作させるバランス出力モード仕様です。Rチャンネルのみ検討用にINZD=1としてゼロデ…

DACユニットの検討(製作編25)

製作編25 前回の記事で設計を紹介した測定用のジグの製作と動作確認を行います。 測定用ジグについて 前回設計したジグを簡単におさらいします。下記が設計したジグの回路図です。 オペアンプの片チャンネルは、平衡不平衡変換回路です。DACユニットはバラン…

DACユニットの検討(製作編24)

製作編24 全ての基板の実装と接続が終わったのでユニットトータルの動作確認を行います。 動作確認 平衡不平衡変換回路出力は、単体動作確認時に0dB再生時に6Vpp出力となるように調整してあります。まずはL-ch 1KHz 0dB再生波形を確認しました。 この状態で…

DACユニットの検討(製作編23)

製作編23 平衡不平衡変換回路の入力配線を行い全基板をバランスモードで動作させます。 平衡不平衡基板 前回の記事で無音トラック再生時に残留していた波形は、PCM1792Aが生成しているディザ信号である事が確認できました。この信号をそのまま出力させない為…

DACユニットの検討(製作編22)

製作編22 前回の記事で作成したバスケーブルを使って、2枚のDAC基板のモノラルモードの動作確認を行います。 モノラルモード動作確認 確認用に簡単なプログラムを作成しました。アドレス4FhのDAC基板に対して10秒毎にMONO-L, MONO-Rのコマンドを発行して、L…

DACユニットの検討(製作編21)

製作編21 PCM1792AのI2Cインターフェースを使って、モノラルモードの設定を行います。記事作成に余裕があるため、9月4日まで隔日のアップロードを継続します。 I2Cについて I2Cはフィリップスが開発したシリアルバスです。通信はSDA(シリアルデータ)とSCL…

DACユニットの検討(製作編20)

製作編20 部品実装が全て完了したので、Rチャンネルの動作確認を行い、モノラルモード動作確認の準備も行います。 Rチャンネル動作確認 Rチャンネルとはいえ、まだDACのモノラル動作設定ができていないので、動作自体はステレオモードとなっています。この確…

DACユニットの検討(製作編19)

製作編19 残りの基板の実装と基板間の配線を行い動作確認の準備を行います。 IV変換基板実装 2枚未実装基板が残っていますが、最初にIV変換基板を実装します。部品実装がやりやすいように、スタッドを取り付けて最初にフィルムコンデンサを取り付けました。…

DACユニットの検討(製作編18)

製作編18 前回紹介が漏れてしまったcold系の動作確認を行い、順番が逆になりましたが、オシロのFFT機能の確認と、現行DACユニットの特性測定を行います。 Cold系DAC動作確認 Hot系と同様にCDプレーヤーで0dB 1KHzの正弦波の再生を行って出力波形をモニタしま…

DACユニットの検討(製作編17)

製作編17 DAC基板出力とI/V変換基板入力を接続して、DACの動作確認を行います。尚、夏休みの為作業が進むので、8/21まで1日おきに記事をアップロードしていきます。 DAC基板配線残り 前回の記事でDAC動作確認に必要な配線が完了したとしましたが、I/V変換基…

DACユニットの検討(製作編16)

製作編16 引き続き基板の電源配線および基板間の配線を行います。 平衡不平衡基板電源配線 この基板には左右チャンネル分の回路が実装されているため、電源も左右独立で供給します。供給元はアナログ+/-15V電源基板です。赤-黒と白-白の平行ケーブルをばらし…

DACユニットの検討(製作編15)

製作編15 基板への電源配線と基板間の配線を行い、完了した部分から通電確認を行います。 トランス配線確認 基板間の配線の前に、前回通電確認した+/-15V電源のトランス配線を確認します。回路はトランスの2つの二次巻き線を使って全波整流動作をさせていま…

DACユニットの検討(製作編14)

製作編14 LCDパネルの動作確認から再開し、ブレッドボードの電源のセットアップを行って、ブレッドボード上でLCDパネルのデモ表示をさせます。 LCDパネル動作確認 前回の記事で、実装したバニラシールド基板の動作確認は完了しました。バニラシールド基板に…

DACユニットの検討(製作編13)

製作編13 実装完了したバニラシールド基板の通電確認とLCDパネルを接続して動作確認を行います。 環境準備 バニラシールド基板の通電確認は、基板をマイコン基板に実装して行います。マイコン基板には、前回の記事で紹介した通電確認用のファームウェアを書…

DACユニットの検討(製作編12)

製作編12 arduino UNOと周辺回路接続用にバニラシールド基板に接続用回路を実装し、通電確認の準備を行います。 バニラシールド基板 バニラシールド基板とは、arduino用のユニバーサル基板で、マイコン基板のピンソケットに連結して搭載ができ、手軽にマイコ…

DACユニットの検討(製作編11)

製作編11 SPDIF入力基板の実装とマイコンインターフェース回路の実装準備をします。 SPDIF入力回路基板 この基板には入出力の端子台以外に、パルストランス、抵抗、フィルムコンデンサしか実装されません。パルストランスは外部から入力された信号を入力部で…

DACユニットの検討(製作編10)

製作編10 平衡不平衡変換基板の動作確認を行ってきましたが、今回は0dB信号再生時の動作シミュレーションを行います。 0dB信号入力シミュレーション この基板の動作確認の最後は0dB信号入力時のシミュレーションです。方法は各系統に0dB再生時にI/V変換回路…

DACユニットの検討(製作編9)

製作編9 平衡不平衡変換基板の通電と動作確認の続きを行います。 平衡不平衡変換基板動作確認続き 前回の記事でRチャンネル反転入力-Hot出力間の周波数特性の測定を行いました。今回は、Rチャンネル非反転入力-Hot出力間の周波数特性の測定から開始します。…

DACユニットの検討(製作編8)

製作編8 I/V変換基板組立の残りを行い、前回実装完了した平衡不平衡変換基板の通電と動作確認を行います。 I/V変換基板実装 製作編5で1KΩ抵抗4本の実装を残して終了していました。基板パターンは1/6Wサイズ前提で作られていますが、抵抗の在庫は1/2Wサイ…

DACユニットの検討(製作編7)

製作編7 続いて平衡不平衡回路実装をします。 平衡不平衡回路 この基板はキットを使用せずに標準基板を使って自作します。平衡不平衡回路と言っても、+R/-Rから+2Rに、-R/+Rから-2Rに変換するので出力は平衡出力となります。下記は事前に設計した回路図です…

DACユニットの検討(製作編6)

製作編6 DAIレシーバー基板とI/V変換基板の実装を進めます。 デジットキットDAIレシーバー基板 この基板はS/PDIF信号をDACの入力仕様に変換する為のものです。電源基板とは違い、プラモデル感覚で実装ができるので気が楽です。キットの内容は組立説明書、実…