High-ch用アンプ製作(製作編8)

f:id:torusanada98:20200310214138j:plain

製作編8

電源基板の全波整流回路の実装を行い、実装完了後に通電確認を行います。

電源基板端子台位置決め

回路図を眺めつつ、他の部品の位置を考慮して電源基板に実装する端子台の位置決めを行います。改めて電源基板の回路図を掲載しました。

f:id:torusanada98:20200309072901p:plain

大まかな配置として、電源ランプ用端子台は背面側に、電源入力用端子台は電源トランス側に、平滑電解コンデンサ用端子台はR-ch側に、L-ch側にはリップルフィルタートランジスタ用端子台を配置します。この方針に従って基板上に端子台を置いてみました。

f:id:torusanada98:20200308070127j:plain

配置が決まったので、端子台を基板に装着します。ユニバーサル基板にそのまま挿さらなかったので、穴を広げます。端子台のピン径は1mmですが、1mmのドリルでは刃が穴を素通りしてしまい広げられませんでした。1サイズ上のφ1.2mmで穴を広げてしまうと、スカスカとなってしまいます。仕方がないので、1つのピンの穴のみ拡大せずに残して、そのピンで支える方針としました。配線加工がしやすいように、4角にスタッドを取り付けています。

f:id:torusanada98:20200308070652j:plain

最初にいつものとおりGND配線用にポリウレタン被覆線でGNDラインを敷線しました。

f:id:torusanada98:20200308080646j:plain

各端子台のGND端子に接続できるように敷線しています。この状態で一旦シャーシに基板を置いて、端子台の位置を再確認しました。B電源入力は、トランスの端子部分で整流するため、2極に変更し、トランスのタップ位置に合わせて端子台の位置を変更しました。他端子台位置は問題なさそうです。

f:id:torusanada98:20200308090152j:plain

全波整流回路実装

全波整流用の電解コンデンサは、すでにシャーシに実装済みですが、リップルフィルタ用の100uF/400Vの電解コンデンサの実装位置を決めます。基板上に実装した方が配線は楽になりますが、シャーシ実装した方が基板上の大物部品の配置の自由度が上がる為、平滑用電解コンデンサの隣に実装する事にしました。

f:id:torusanada98:20200308093704j:plain

配線用の電線とコンデンサのリードはLラグのラグ端子固定部にハンダ付けします。電解コンデンサと並列接続するフィルムコンデンサは、ラグ端子の上部に取り付けました。

f:id:torusanada98:20200308094136j:plain

全波整流用の平滑コンデンサの配線も同様に行います。

f:id:torusanada98:20200308095119j:plain

f:id:torusanada98:20200308095435j:plain

続いて、B電源の入力配線を行います。トランスの2次タップに取り付けた整流ダイオードの中点と、CTとなる140Vタップを入力用端子台へ配線しました。

f:id:torusanada98:20200308101026j:plain

最後に、入力用端子台の+電源と平滑用コンデンサ端子台を接続すれば、全波整流回路の実装は完了です。通電確認時の放電ルートとして、リップルフィルタ回路の一部(分圧回路)も実装しています。

f:id:torusanada98:20200308112016j:plain

全波整流回路通電確認

一旦この状態で通電確認を行います。配線後、初めてB電源用の高圧が回路にかかるので、電源オン前に再度目視確認を行いました。電源オンして電圧を確認します。全波整流回路電圧は、約192Vで、それを分圧したリップルフィルタ回路電圧は178Vでした。特に問題はありません。電源オフした状態で、全波整流回路電圧をモニタしたところ、リップルフィルタの分圧抵抗で放電されて徐々に電圧が下がっていきます。約5分程待ったところで、安全な電圧レベルまで下がっていました。次回は引き続き電源回路の実装を続けます。

 

つづく(製作編9)

High-ch用アンプ製作(製作編7)

f:id:torusanada98:20200307163124j:plain

製作編7

大変な状況になってきてますが、週末の外出をひかえて、自身の心の健康を保つ為に週末の製作は続けていきます。電源1次配線が終わったので通電確認を行い、続けてヒーター配線を行います。

電源1次配線通電確認

確認は、電源トランスの2次巻き線端子に所定の電圧が出ている事を確認します。ヒューズホルダに2Aのヒューズをセットします。

f:id:torusanada98:20200307091254j:plain

ACインレットに電源コードを接続して電源オンしました。B電源用の巻き線タップ(0V-140V-280V)とヒーター用巻き線(0V-6.2V)2回路の確認を行いました。無負荷状態なので定格電圧よりも高い電圧となっていましがたが問題ありません。一旦電源オフし、出力トランスが電源トランスの漏洩磁束を拾っていない事を確認します。確認方法は、L/Rチャンネルともに出力トランスの1次巻き線をワニグチクリップでショートして、スピーカーターミナルにヘッドホンを接続してハムを聴きます。ヘッドホンの接続には、以前作成したジグを使用しました。

f:id:torusanada98:20200307092137j:plain

ヘッドホンを装着して、緊張しつつ電源オンしました。全くの無音で一安心です。

ヒーター配線

次はヒーター配線を行います。作成済みの電源回路図は以下のとおりですが、配線の簡略化のために左右チャンネルのバランスは崩れますが、回路図を見直しました。

■オリジナル回路図

f:id:torusanada98:20200309072732p:plain

■見直し回路図

f:id:torusanada98:20200309072942p:plain

どのくらい効果があるかわかりませんが、ヒーター配線用の電線をヨリました。万力で片側を固定してひたすらヨリます。

f:id:torusanada98:20200307095823j:plain

電線は使用率の低い茶色と緑を使用しました。初めにLチャンネルを配線します。結局内側のソケットを初段として配線を行いました。

f:id:torusanada98:20200307103446j:plain

続けてR-chの同様に配線しました。

f:id:torusanada98:20200307110501j:plain

次に、各ヒーター配線の0V巻き線側をシャーシGNDに落とします。

f:id:torusanada98:20200307112255j:plain

これでヒーター配線完了です。

ヒーター通電確認

初めに、真空管を刺さずに通電確認を行います。各ソケットの所定のピンにヒーター電圧がかかっている事を確認しました。問題なかったので真空管を装着します。4本とも装着して電源オンしました。両チャンネルとも初段の真空管はヒーター点火が確認できましたが、終段は確認できません。

f:id:torusanada98:20200307161809j:plain

改めてピン配置を確認しましたが、問題ありません。

f:id:torusanada98:20200309072902p:plain

真空管装着前にヒーター端子電圧の確認も行っている事と、両チャンネルともに点火しない事からなんらかの仕様起因と考えて、前に6N6Pを使って製作した真空管ヘッドフォンアンプ組立時の写真を確認しました。

f:id:torusanada98:20190513212810j:plain

4ピン側をシールド端子(9ピン)に接続して確認を進めている事がわかりました。試しに同様に配線してみました。

f:id:torusanada98:20200309213428j:plain

再度電源オンしたところRチャンネルのみヒーター点火を確認しました。Lチャンネルの配線を確認したところハンダ不良があり、再ハンダしたところ全真空管ともに点火の確認ができました。

f:id:torusanada98:20200307162339j:plain

6N6Pのヒーター点火が確認できましたが、念のためネットで6N6Pのヒーター回路を確認しましたが、4ピンと5ピン以外の情報はありませんでした。在庫の6N6Pの4,5,9ピン間の抵抗値の確認を行いましたが、9ピンは4,5ピンと絶縁されていました。

f:id:torusanada98:20200308063828j:plain

最初の確認時にたまたま、両チャンネルともにシールドピン配線を行った4ピン側がハンダ不良だったとすると全てつじつまが合います。もしそうだった場合、9ピンのシールド配線は電線に電流を流さずに接地すべきなので、独立して配線する為に9ピンの接続を外して再度確認を行ってみました。

f:id:torusanada98:20200309214536j:plain

この状態で電源オンしたところ、6N6Pのヒーター点火が確認できました。最初の確認時に両真空管共に4ピンがハンダ不良という非常に確率の低い罠にはまってしまった事が確認できました。次回は電源基板の組立を行います。

 

つづく(製作編8)

High-ch用アンプ製作(製作編6)

f:id:torusanada98:20200307085725j:plain

製作編6

引き続きラグ板の取り付けを行い、配線に着手します。

ラグ板取り付け続き

次はGND中継用のラグ板を取り付けます。GND配線は多いため、6極のLラグを使用します。今回も6極のLラグを調達できなかったため、DCアンプ電源改造の際に取り外したものを流用しました。シャーシGNDは、このLラグで取る為、取り付け用の端子も含めて全端子を接続します。DCアンプでは、それぞれ両サイドの3極づつ接続していたため、両サイドと取り付け用の端子をいつものようにポリウレタン被覆電線で接続しました。

f:id:torusanada98:20200229162637j:plain

普段のハンダ作業には15Wのコテを使ってますが、この手の作業にはパワーが必要なので、40Wのハンダごてを使用しました。全端子ショートさせる前加工後、EL34ppアンプの設計を踏襲して、電源トランスの手前に取り付けました。

f:id:torusanada98:20200229164601j:plain

次は初段の入力信号を中継するためのLラグを取り付けます。同軸のバランス信号を受けるだけなので、4極のLラグを使用します。取り付け場所は、迷いましたが両チャンネルの真空管ソケットの内側に並べて配置する事にしました。取り付け用の穴の位置出しは、メモ用紙をカットして型紙をつくって行いました。

f:id:torusanada98:20200229165131j:plain

両チャンネル分位置だしをして、φ3.2の穴を開けてLラグを取り付けました。

f:id:torusanada98:20200229170039j:plain

電解コンデンサ固定用Lラグ取り付け

この電解コンデンサもいつもと同様に取り付けます。最初に4極のLラグに電解コンデンサの端子を直接ハンダ付けします。

f:id:torusanada98:20200229190232j:plain

この状態で、出力トランス固定ネジを使って共締めしたL字金具に電解コンデンサの本体をインシュロックで固定します。固定する前に、電解コンデンサの端子に取り付けたLラグ取り付け位置を決めます。電解コンデンサのボディーをL字金具に押し当てた状態で、Lラグの固定穴位置にマーキングをして、φ3.2の穴を開けました。電解コンデンサのボディーの固定は、インシュロック1本では長さが足りないため、2本を直列に接続して使用します。L字金具の立ち上がり面には穴が2個開いているので、そこに上記で前処理したインシュロックを通して電解コンデンサを固定しました。さらにその状態で、Lラグをネジ止めすれば固定完了です。

f:id:torusanada98:20200229192229j:plain

電源1次配線

一通りラグ板取り付け加工が終わったので、電源の1次配線を行います。初めに配線に備えて、トランスの1次端子にサージキラーを取り付けました。

f:id:torusanada98:20200301085508j:plain

おまじないみたいな物に見えますが、仕事で過去に3相モータを搭載したコンプレッサの電源ラインに接続された電気回路を搭載した逆相検知リレーの故障が頻発した際にサージキラーで対策しました。電源遮断時に3相モータが出すサージがサージキラーに吸収される波形をモニタした事を思い出しました。電源1次配線を続けます。赤、黒、青のセットで購入した電線のうち、青の消費量が少なかったので、今回の1次配線は赤と青を使用する事にしました。青は、ACインレット-ヒューズホルダ-電源SW-電源トランス間を、赤は、ACインレット-電源トランス間の配線に使用しました。敷線はEL34pp2号機と同様にシャーシボトムカバー取り付け用のフランジ裏としました。

f:id:torusanada98:20200301091052j:plain

電源中継用平ラグ取り付け

12極の平ラグを使用しますが、片側6極づつをB電源とC電源で使用します。それぞれの端子をGND中継用Lラグと同様にポリウレタン線で接続しました。

f:id:torusanada98:20200301094321j:plain

これを先に取り付けたスタッドに固定すれば取り付け完了です。

f:id:torusanada98:20200301094556j:plain

出力トランス配線

2次電線は直接スピーカーターミナルに接続します。バランス出力するための中点を2本の100Ω抵抗で作っていますが、2次電線とハンダ付けしてスピーカーターミナルに接続しました。

f:id:torusanada98:20200301103701j:plain

最後に1次配線を中継用のLラグに接続します。後の配線を考えてラグ端子固定用の穴にハンダ付けしました。インシュロックで束線すれば完了です。

f:id:torusanada98:20200301104348j:plain

もう一方のチャンネルも同様に配線を行いました。次回は電源1次配線の通電確認とヒーター配線を行います。

 

つづく(製作編7)

High-ch用アンプ製作(製作編5)

f:id:torusanada98:20200229085111j:plain

製作編5

リアパネルに部品を取り付け、大物部品最後に重いトランスを取り付けます。引き続き取り付けた部品とのクリアランスを確認しながらラグ板の取り付けを行います。

リアパネル部品取り付け

一度、全部品を取り付けているので問題はありません。粛々と取り付けを進めるのみです。部品取り付け後はこんな感じになりました。

f:id:torusanada98:20200224092938j:plain

取り付けたヒューズホルダと電源基板間のクリアランスが小さかったので、一旦取り付けた電源基板用の10mmのスタッドを7mmに変更しました。

トランス取り付け

前回の記事で組み立てた、出力トランスですがシャーシ取り付けの為にサイドパネルを一旦外しました。

f:id:torusanada98:20200224094948j:plain

写真のとおりコの字型板金のシャーシ取り付け面のフランジに固定用の穴が4個開いています。バカ穴なのでネジとナットで固定する必要があります。この状態でシャーシに取り付けると、サイドパネルの取り付けに問題が起こる可能性があるので、取り外したサイドパネルを片側のみ取り付けて、シャーシへトランスケースを取り付けました。

f:id:torusanada98:20200224100307j:plain

写真は、奥2カ所のネジ止めが完了していますが、この2本のネジ止めが思いの外大変でした。手前側のネジ止めは比較的容易です。

f:id:torusanada98:20200224100335j:plain

最後にサイドパネルを取り付ければ、シャーシへの取り付けは完了です。

f:id:torusanada98:20200224101802j:plain

キズ防止の為に、トランスケースのトップにダンボールを貼り付けました。

f:id:torusanada98:20200224102513j:plain

2個目のトランスケースの取り付けも同様の手順で行おうとしましたが、奥側のナットがうまくはまらずに、同様の手順をあきらめました。手間はかかりますが、手前側のネジの固定のみ行い、その時点でサイドパネルを取り付けます。反対側のサイドパネルを外して、残り2本のネジ止めを行い、サイドパネルと取り付け直しました。

f:id:torusanada98:20200224140848j:plain

説明が漏れましたが、2個目のトランスケース取り付けの際に、電源の平滑用電解コンデンサ固定用のL字金具を共締めしました。

f:id:torusanada98:20200224102607j:plain

金具は近所のスーパービバホームで見つけたものです。最後に電源トランスを取り付けます。電源トランスは取り付け前に、トランスの唸りを少しでも減らす為に、コア固定用のネジを増し締めしました。取り付け確認は、シャーシ加工時に行っていますので、問題なく取り付けができました。

f:id:torusanada98:20200224141526j:plain

出力トランスと同様に、トップにキズ防止用のダンボールを貼り付けて取り付け完了です。

f:id:torusanada98:20200224143430j:plain

ラグ板取り付け

大物部品の取り付けが完了したので、各部品間のクリアランスを確認しながらラグ板の取り付け加工を行います。シャーシ内側から加工を行うために、ボンネットを取り付けます。ボンネットは、キズ防止の為にトップにダンボールを貼り付けます。

f:id:torusanada98:20200229084543j:plain

シャーシに穴開け加工を行うため、切り粉を受ける為にボンネットの内側にもダンボールを貼り付けました。

f:id:torusanada98:20200229084137j:plain

これで安心してシャーシ内側から加工ができます。

ラグ板取り付け

最初に出力トランスの配線を中継する為のLラグを取り付けます。2次巻き線は直接スピーカーターミナルに接続する方針なので、1次巻き線の3線を中継する為、4極のLラグを取り付けました。

f:id:torusanada98:20200229093344j:plain

R-chも同様にLラグを取り付けました。次は電源中継用の平ラグを取り付けます。取り付け用にスタッド2本を立てます。

f:id:torusanada98:20200229124608j:plain

取り付け位置は、電源トランスの右隣です。シャーシに部品が取り付けられているため、位置出しは大変です。φ3.2の穴を2個開けて無事スタッドの取り付けができました。

f:id:torusanada98:20200229125712j:plain

終段バイアス調整基板とのクリアランスも問題ありません。次回も引き続きラグ板の取り付けを行います。

 

つづく(製作編6)

High-ch用アンプ製作(製作編4)

f:id:torusanada98:20200226072740j:plain

製作編4

出力トランスをケースに取付け、シャーシ組み立てを行います。

出力トランス用ケース加工

今回は出力トランスに春日無線のKA-5-54Pを採用しました。真空管ヘッドホンアンプ製作時の経験から、出力トランスの取り付けは出力トランスの取り付けフランジをシャーシ面に対して垂直方向で、トランストップが手前側になるように取り付けます。この取り付け方向により、電源トランスの漏洩磁束の影響を受けにくくする事ができ、ハムに対して有利になる事が理由です。この取り付けを行う為に、東栄変成器のトランスケースSを採用しました。

f:id:torusanada98:20200226072745j:plain

ケースは3ピースで構成されて写真のコの字型の板金にサイドパネル2枚を取り付ける構造です。出力トランスの高さとコの字板金の寸法から、出力トランスはコの字板金に取り付けます。写真は取り付け位置に出力トランスを置いてみた状態です。

f:id:torusanada98:20200226072751j:plain

ケースに出力トランスを固定する為に、固定用のネジ穴を2個開けます。一応加工図を作成しました。

f:id:torusanada98:20200226072737p:plain

上記で作成した加工図を外形に沿って切り取り、トランスケースに貼り付けて加工穴2カ所にポンチで印をつけました。加工図を剥がして穴開けを行います。

f:id:torusanada98:20200226072551j:plain

材質はスチールなので穴開け時の感触がシャーシ加工時と異なります。早速出力トランスを取り付けてみます。黒のネジの在庫があったので見栄えを考えて使用しました。

f:id:torusanada98:20200226072601j:plain

ケースのサイドパネルを固定する前に、使用しない2次巻き線の処理を行います。ビバホームで購入した端末保護キャップ2mmを被せてインシュロックで固定しました。

f:id:torusanada98:20200226072606j:plain

処理する電線は16Ω出力と8Ω出力の2本です。この2本をループ状にフォーミングしてインシュロックでさらに固定してケースに納めます。

f:id:torusanada98:20200226072612j:plain

これでサイドパネルを取り付けると完成です。

f:id:torusanada98:20200226072617j:plain

実はこの状態にしてしまうと、シャーシへの取り付けができません。シャーシ取り付けの際に、サイドパネルを外す必要があります。

トランス以外の部品取り付け

出力トランスの取り付け準備ができましたが、トランスを取り付けてしまうと細かな部品の取り付けが大変になります。先に細かな部品の取り付けを行います。最初は電源基板用のスタッドを取り付けました。

f:id:torusanada98:20200226072635j:plain

念のため基板を装着してみました。

f:id:torusanada98:20200226072641j:plain

特に問題ありませんでした。次は終段のバイアス調整基板用スタッドを取り付けます。ボリュームのサイズを考慮して10mmのものを選定しました。

f:id:torusanada98:20200226072647j:plain

調整用のボリュームを仮止めしてボリュームアクセス用の穴位置を確認しました。

f:id:torusanada98:20200226072652j:plain

加工図上、2.54/2mmの誤差があった為、穴を後加工しました。後加工後の状況は写真のとおりです。

f:id:torusanada98:20200226072657j:plain

次はチップジャックを取り付けます。

f:id:torusanada98:20200226072703j:plain

φ6への取り付けは何ら問題ありませんでした。終段のプレート電圧確認用には水色と白のチップジャックを、B電源とGND用には赤と黒のチップジャックを取り付けました。

f:id:torusanada98:20200226072713j:plain

フロントリアパネル部品取り付け

次はフロントとリアパネルにハンドルを取り付けます。角パイプ取り付け用金具にナットを取り付けます。それをパネルの穴に装着してさらにナットで固定します。

f:id:torusanada98:20200226072723j:plain

シャーシに部品を取り付けてしまうとナットの締め付けのじゃまになります。取り付け済みのチップジャックとスタッドでさえもじゃまになったので、次からは一番最初に取り付けたいとおもいます。ナットの締め付けができなかった部分は、仕方がないのでパネル前面のナットを戻す方向に回して締め付けました。

f:id:torusanada98:20200226072729j:plain

正面パネルには、電源スイッチと電源ランプを取り付けて完成です。

f:id:torusanada98:20200226073507j:plain

次回はリアパネルへの部品の取り付けとトランスの取り付けを行います。

 

つづく(製作編5)

High-ch用アンプ製作(製作編3)

f:id:torusanada98:20200225123048j:plain

製作編3

シャーシの上面の加工を行います。

加工準備

いつものとおり、加工図を印刷しますが、今回は3分割して印刷しました。

f:id:torusanada98:20200225123103p:plain

理由は分割した加工図にまたがって1つの部品が入らないように配慮しました。部品間の多少の位置ずれは問題ありませんが、1つの部品の固定穴間の位置ずれは影響が大きいためです。3つの加工図を外形に沿って切り取ります。両サイドの加工図は外形に沿って貼り付けます。センターの加工図は両サイドの加工図の加工線に合わせて位置だしをして貼り付けました。

f:id:torusanada98:20200225123114j:plain

穴開け加工

加工図の上からポンチで穴のセンターと角穴の四角に印を付けます。

f:id:torusanada98:20200225123122j:plain

次に加工図を剥がして穴のセンターにφ2mmの刃で穴を開けます。

f:id:torusanada98:20200225123127j:plain

ドリルの刃を変えて穴径を広げます。M3ネジ用の穴はφ3.2、電源トランス固定用の穴はφ4.2、チップジャック用の穴はφ6、それ以外はφ10の穴を開けました。

f:id:torusanada98:20200225123019j:plain

真空管ソケット用穴加工

φ18の穴を計4個開けます。上で開けたφ10の穴にシャーシパンチをセットします。刃をシャーシ上面セットした方が綺麗に穴が開けられるので写真のとおりシャーシパンチをセットしました。

f:id:torusanada98:20200225122945j:plain

加工を行うと、2面のパネル(フロントとサイド)がじゃまで力をかけられません。なんとか穴を開けましたが残りの3カ所は多少のキズには目をつむり、刃をシャーシ内側にセットしました。

f:id:torusanada98:20200225122952j:plain

加工後の仕上がりの差は写真のとおりです。

f:id:torusanada98:20200225123013j:plain

ヤスリによる仕上げ後の状態ですが、右がダイを上面(刃が内側)にして開けた穴です。穴の縁にダイによるキズが付いています。今回は真空管ソケットで隠れるため、気にしない事にします。4カ所同様の手順で穴を開けました。

f:id:torusanada98:20200225122957j:plain

開けた穴にソケットを装着してみます。

f:id:torusanada98:20200225123003j:plain

残念ながら後加工が必要です。ヤスリで多少削ったところ装着できました。せっかくなので、12AY7も付けてみました。

f:id:torusanada98:20200225123008j:plain

真空管の捺印が正面から多少ずれていますが仕方ありません。残り3つのソケットも同様に装着してみました。

f:id:torusanada98:20200225123026j:plain

なかなかいい感じです。

電源トランス取り付け穴加工

最初に角穴を開けます。角穴四角につけた印に沿って加工線を引きました。

f:id:torusanada98:20200225123032j:plain

角穴内に開けたφ10の穴にハンドニブラをセットしてカットしてゆきます。最初はハンドニブラ本体をシャーシ内にセットして、刃が加工線にあたるようにしましたが、ハンドルが4面のパネルと干渉してうまく加工が進まない為、刃が内側になるようにセットしなおしました。このため、穴開けはざっくりした感じです。

f:id:torusanada98:20200225123037j:plain

平ヤスリを使って加工面をカット線にそって削ります。加工が完了して電源トランスをセットしてみたところ、取り付け用の穴位置が前後方向に大きくずれていて取り付けができませんでした。

f:id:torusanada98:20200225123042j:plain

図面を確認したところ前後方向の穴の間隔が4mmずれている事がわかりました。加工図はEL34ppアンプの加工図を元に修正を入れましたが、前後方向の穴の間隔の修正が漏れていた事が原因でした。仕方がないので、各穴を間隔が狭くなる方向に2mm削って対応しました。

f:id:torusanada98:20200225123054j:plain

加工後、無事に電源トランスが装着できました。(本記事アイキャッチ写真参照)忘れないうちに、加工図も修正しておきます。修正加工図は以下のとおりです。

f:id:torusanada98:20200225123059p:plain

次回は出力トランスの取り付け加工を行います。

 

つづく(製作編4)

High-ch用アンプ製作(製作編2)

f:id:torusanada98:20200218123023j:plain

製作編2

フロントパネルの加工が終わったのでリアパネルの加工を行います。

リアパネルの加工について

今回の加工は、EL34ppアンプ2号機と同じです。ポイントは慣れによっていかに効率的に加工が進められるかです。手順も前回と変わりませんが、参考となる事もあるかもしれませんので、記事にさせていただきます。加工図を参考に再掲載いたします。

f:id:torusanada98:20200218123042p:plain

取り付け部品の確認

加工を始める前に、入手した部品の取り付け寸法を事前に確認しました。XLRパネルコネクタ以外は前回と同じ物を購入しているので、問題ないはずですが念のための確認です。XLRパネルコネクタはアマゾンで注文しましたが、加工を始めるタイミングまでに入手ができませんでした。在庫箱を再度漁り直したところ2個発見できた為、部品待ちを回避する事ができました。寸法も過去に使用した物と同種の為、問題ありません。アマゾンに注文したものは、中国発送品だったため、コロナウィルスの影響を受けた為か注文時のお届け予定の一番後ろのタイミングよりもさらに3日遅れで、トータル15日かかりました。

f:id:torusanada98:20200219075304j:plain

加工開始

加工図はフロント加工時と同様に、左右を分けて印刷してリアパネルに貼り付けました。

f:id:torusanada98:20200218123046j:plain

丸穴は穴のセンターに、ACインレット用の角穴は四角とハンドニブラ用に角穴内に1点ポンチで印を付けました。XLRパネルコネクタとACインレット固定用のネジ穴はφ3.2にハンドル固定用の穴はφ6.0に、ヒューズホルダ固定用の穴はφ12に、それ以外はφ10の穴を開けました。

f:id:torusanada98:20200218123052j:plain

ハンドルはフロントパネルと同様に後加工せずに取り付けできました。

f:id:torusanada98:20200218123058j:plain

次はXLRパネルコネクタ用の穴加工を行います。φ25のシャーシパンチで穴を開けますが、パネルコネクタのフランジ幅とほぼ同サイズの為、取り付けが少しずれると、隙間があいてしまいます。以前はφ21で穴を開けて後加工を行っていましたが、手間が掛かりすぎるため、現在の方法に変更しています。写真の通り、シャーシパンチの刃がパネル正面側なので加工時のパネル面のキズリスクは少ないです。

f:id:torusanada98:20200218122911j:plain

シャーシパンチのハンドルを回す為にかなりの力が必要で、シャーシ側の溶接が外れてしまう事を心配しながらねじこんでいきました。

f:id:torusanada98:20200218122916j:plain

なんとか穴が開きました。XLRパネルコネクタも後加工なしで取り付けができました。

f:id:torusanada98:20200218122922j:plain

反対側のコネクタ取り付けも同様に加工して取り付け確認を行いました。

f:id:torusanada98:20200218122927j:plain

次はヒューズホルダの穴加工を行います。φ12の穴を開けたので縦方向を13mmにヤスリで削ります。比較的容易に加工が完了しました。

f:id:torusanada98:20200218122934j:plain

続いてスピーカーターミナルの取り付け穴加工を行います。φ10mmの穴をφ11.5までリーマーで拡大して、回り止め用のノッチ加工を行います。リーマーで1.5mm穴径の拡大を行いますが、思いの外大変です。加工の度にφ11のステップドリルがあればいいのにと思いますが、こんどこそ探してみたいとおもいます。なんとか加工ができました。

f:id:torusanada98:20200218122944j:plain

絶縁を兼ねた取り付け用の樹脂部品を付けてみました。

f:id:torusanada98:20200218122939j:plain

残り3つのターミナル部も同様に加工して、ターミナルを取り付けてみました。

f:id:torusanada98:20200218122949j:plain

最後はACインレット取り付け用の角穴を開けます。角穴の4角につけたポンチの印を使ってカット線を引きます。

f:id:torusanada98:20200218122955j:plain

事前に開けたφ10の穴からハンドニブラの刃を挿入してカットしてゆきます。

f:id:torusanada98:20200218123000j:plain

この向きの場合、刃が当たる位置が視認できないため、正確なカットはできません。ACインレットのフランジでカット部が隠れるため、カット線からはみ出さないようにざっくりとカットしました。

f:id:torusanada98:20200218123006j:plain

かなりざっくりしたカットとなっています。これを平ヤスリで削ってACインレットが取り付けできるまで加工を進めました。加工完了状態はこんな感じとなりました。

f:id:torusanada98:20200218123011j:plain

これにACインレットを取り付けるとカット部が隠れていい感じとなりました。

f:id:torusanada98:20200218123017j:plain

リアパネルの加工が全て完了したので、全部品を取り付けてみます。

f:id:torusanada98:20200218123030j:plain

シャーシ内部はこんな感じです。

f:id:torusanada98:20200218123036j:plain

次回はシャーシ上面の加工を行います。

 

つづく(製作編3)