無帰還広帯域真空管アンプ(製作編8)

f:id:torusanada98:20210220205510j:plain

製作編8

B電源配線の続きから再開します。

配電用ラグ板加工

前回の記事に引き続き平ラグの加工を行います。反対側の各端子も同様に被覆を剥がした銅線でハンダ付けしました。

f:id:torusanada98:20210216072221j:plain

ポリウレタンの被覆を剥がすには、細い四角棒状のヤスリが作業性がよかったです。ハンダは熱量が必要なので40Wのこてを使いました。

f:id:torusanada98:20210216072253j:plain

ハンダ付けを終えて、元どおりシャーシに固定しました。

f:id:torusanada98:20210216072314j:plain

続いてGND配電用のL型ラグ板を加工します。加工方法は平ラグと同等です。

f:id:torusanada98:20210216072334j:plain

固定用のラグ端子もGND配線をしていますが、シャーシへはここから1点アースとしています。加工完了したL型ラグを元どおりシャーシに固定しました。

f:id:torusanada98:20210216072354j:plain

B電源配線

参考に電源回路を再掲載します。

f:id:torusanada98:20210216072415p:plain

初めに整流用ダイオード2個を電源トランスの二次巻き線端子に直接ハンダ付けしました。反対側のリードは後でショート防止の為に被覆をかぶせる予定です。続いて電源トランスの二次側センタータップにGND配線します。配線は一旦平滑用電解コンデンサを固定しているL型ラグ板を経由して、GND配電用のL型ラグの1点アースとしたラグ端子に接続しました。

f:id:torusanada98:20210216072437j:plain

次にチョークコイルの配線を行います。以下がチョークコイル添付の説明書ですが、黒の電線に「●」マークが付いています。

f:id:torusanada98:20210220205538j:plain

今までコイルをちゃんと使った事がなかったのであまり意識していませんでした。ネットで調べたところ、巻き初めを示しているとの事です。結局あまり考えずに配線をしてしまいましたが、後で「巻き初め」=「コアに近い」事からリップルの大きな整流ダイオード側に配線した方が良かったのではと思いました。

f:id:torusanada98:20210216072503j:plain

続いて整流ダイオード出力の配線を行います。上で説明したとおりリードに絶縁用の被覆をかぶせて、フィルムコンデンサを取り付ける予定のL型ラグ板へ配線しました。

f:id:torusanada98:20210216072526j:plain

次は平滑用電解コンデンサのGND配線を行います。L型ラグ板端子間を黒の被覆電線で接続しました。

f:id:torusanada98:20210216072547j:plain

続いて整流ダイオード出力にフィルムコンデンサを取り付けます。回路図では0.47uFとしていますが、注文したものが見あたらくなってしまった為、サイズは大きくなりますが、在庫の1uF品を取り付けました。

f:id:torusanada98:20210216072607j:plain

最後に電源出力を赤の被覆電線で、配電用の平ラグへ配線しました。

f:id:torusanada98:20210216072627j:plain

まだ臨界電流を流す為の抵抗(ブリーダー抵抗)および電源出力部のフィルムコンデンサの取り付けが残っていますが、ブリーダー抵抗を仮固定しながらこの状態で動作確認を行います。

チョークインプット電源動作確認

私自身、真空管アンプでチョークインプット電源初採用なので事前に流す電流と電源電圧およびリップル電圧の観測を行って動作を把握しておきます。最初にヒューズホルダに2Aのガラス管ヒューズを取り付けました。

f:id:torusanada98:20210216072650j:plain

ブリーダー抵抗を取り付けないと、チョークコイルが機能せずにコンデンサインプット電源と等価となり、出力電圧が約254V(180 x 1.41)まで上昇します。電源回路自体の耐圧は問題ありませんが、初段のみが接続された場合負荷が軽く(約2mA)ほぼコンデンサインプットと同等の動作となり設計よりも出力電圧が高くなる為、初段の等価抵抗を構成している真空管の耐圧(ヒーターとカソード間)が問題となります。終段の真空管交換時等を考慮してブリーダー抵抗を決める必要があります。ブリーダー抵抗用に3W品の10KΩと4.7KΩを各5本購入しているので、これを使って動作確認を行ってみます。

f:id:torusanada98:20210220205603j:plain

はやる気持ちはミスの原因となりますので、確認は一息入れて次回とします。

 

つづく(製作編9)

無帰還広帯域真空管アンプ(製作編7)

f:id:torusanada98:20210212073037j:plain

製作編7

シャーシ内部の部品取り付けを完了させて配線を開始します。

平滑用コンデンサ取り付け

平滑用電解コンデンサは従来の製作と同様に560uF/400V品を使用します。取り付けもいつもと同様に、端子をL型ラグ板にハンダ付けして固定し、反対側をL字金具にインシュロックで固定します。初めに端子をL型ラグ板にハンダ付けします。

f:id:torusanada98:20210212073102j:plain

端子は大きく回路配線に使用するハンダこてではパワー不足の為、40Wのこてでハンダ付けしました。L型ラグの上の穴に電解コンデンサの端子を付けると、高さも丁度いい塩梅になります。

f:id:torusanada98:20210212073124j:plain

反対側を固定するL字金具は、出力トランスケースの取り付けネジで共締めする前提で、L型ラグ板の取り付け位置を決めました。

f:id:torusanada98:20210212073200j:plain

シャーシ内はこんな感じとなりました。

f:id:torusanada98:20210212073227j:plain

チョークコイル取り付け

前回の記事で触れたとおり、取り付け用に黒のM4ネジを買ってきました。

f:id:torusanada98:20210212073256j:plain

トラスネジ10mm品です。早速チョークコイルを取り付けてみました。

f:id:torusanada98:20210212073329j:plain

写真では光って写ってますが、いい感じです。取り付け後のシャーシ状態は以下のとおりです。

f:id:torusanada98:20210212073354j:plain

この取り付けの場合、チョークコイルの磁界の向きは左右水平方向となり、出力トランスと離れている上に直交するので良しとしました。

ヒーター配線準備

今回ヒーター配線は、セパレーション上不利となりますが発振防止の為に、初段と終段を別巻き線から供給する事にしています。配線の都合を考えて実装部品は増えますがラグ端子を経由する事としました。シャーシ内の手前センターに空きがあるのでそこへL型ラグ板を取り付ける事にしました。チョークコイルをせっかく取り付けましたが、穴開け時にチョークコイルのカバーにキズをつける恐れがあるので、一旦取り外し、型紙を作って位置出しをします。

f:id:torusanada98:20210212073419j:plain

無事穴開け完了してL型ラグ板とチョークコイルを取り付けました。

f:id:torusanada98:20210212073441j:plain

電源一次配線

ヒーター配線は後回しとして、最初に電源の一次配線を行います。配線前にトランスの一次巻き線にサージキラーを取り付けました。

f:id:torusanada98:20210212073504j:plain

次にACインレット、ヒューズホルダ、電源トランス一次巻き線端子間の配線を行います。電線は1.25mmの青の被覆のものを使用しました。電線にコシがあるのでフォーミングがやりやすいです。

f:id:torusanada98:20210212073531j:plain

続いて残りの電源一次配線を行います。ACインレット、電源スイッチ、電源トランス一次巻き線端子間の配線です。電源スイッチ配線は写真のとおり行いました。

f:id:torusanada98:20210212073556j:plain

電源トランス一次巻き線端子部の配線は以下のとおりです。

f:id:torusanada98:20210212073615j:plain

フォーミングが崩れないように2カ所をインシュロックで固定しました。これで電源一次配線は完了です。

チョークインプット電源動作確認

今回真空管アンプで初めて採用するチョークインプット電源の動作確認を行います。初めにチョークインプット電源回路の配線の準備を行います。電源中継用に平ラグを取り付けましたが、一旦取り外して端子間を銅線で接続します。片側を165V用、反対側を-5V用とする予定です。被覆をヤスリで剥がして各端子にハンダ付けしました。40Wのこてでもハンダ付けは大変でしたが、なんとか片側は完了しました。

f:id:torusanada98:20210212073636j:plain

作業のキリがあまりよくありませんが、今回はここまでとします。次回はチョークインプット電源回路の配線を完了させて動作確認を行います。

 

つづく(製作編8)

無帰還広帯域真空管アンプ(製作編6)

f:id:torusanada98:20210209074022j:plain

製作編6

リアパネルの部品取り付けから組立を再開します。

リアパネル部品取り付け

フロントパネルと同様に、ハンドルの取り付から開始します。ハンドルのナット締め付けの状況は全くフロントパネルと同様ですが、なんとか両側のハンドルを取り付けました。

f:id:torusanada98:20210209074046j:plain

次はXLRパネルコネクタを取り付けます。事前に取り付け確認を行っているので問題なく取り付けができました。

f:id:torusanada98:20210209074107j:plain

穴開け加工ミスも正面から見る限りわかりません。続いてACインレットを取り付けます。この部品も事前取り付け確認を行っているので、難なく取り付けができました。

f:id:torusanada98:20210209074128j:plain

次はヒューズホルダを取り付けます。ヒューズホルダは後の配線作業がやり易いように端子が下となる向きで固定しました。

f:id:torusanada98:20210211185544j:plain

リアパネル最後はスピーカーターミナルの取り付けです。取り付けは絶縁用に樹脂でリアパネルを挟み込んで固定します。向きは後の配線を考えて端子部の切り欠きを下側としています。

f:id:torusanada98:20210209074154j:plain

これでリアパネルの部品取り付けは完了しました。出来ばえはこんな感じです。

f:id:torusanada98:20210209074216j:plain

なかなかいい感じです。

シャーシ上面部品取り付け

最初に初段用真空管ソケットを取り付けます。事前にソケットの取り付け確認を行っていましたが、部品の寸法バラツキによって追加加工が必要でした。無事4個のソケットの取り付けが完了しました。

f:id:torusanada98:20210209074239j:plain

取り付けの向きは、現行のアンプに合わせています。次は終段用の真空管ソケットを取り付けます。ソケット自体が異なる為、初段のソケットと取り付けの向きを合わせる事ができませんでした。一応真空管の現品を見て、捺印が手前側となる向きで取り付けを行いました。

f:id:torusanada98:20210209074302j:plain

但し、6N6Pは真空管の個体により印刷の向きが異なったような記憶もあるのであまり拘ってもしかたないかもしれません。続いて電源トランスを取り付けます。事前確認を行っているので取り付けは問題ありません。各取り付けネジに平ワッシャ2枚とワッシャ1枚が付属していたので、平ワッシャ2枚でシャーシ板金を挟み込むように固定しました。

f:id:torusanada98:20210209074326j:plain

シャーシ上部の部品取り付けは一旦終了し、シャーシ内部の部品取り付けを行います。初めは終段バイアス調整用基板のスタッドを取り付けました。取り付け確認の際に長穴加工を行った為、取り付け位置を考慮しました。次に電源基板用スタッドを取り付けました。基板を取り付けてみたところ、リアパネルのACインレットとヒューズホルダが基板と被る為、もう少し位置を考慮すべきでした。基板への取り付け部品が少ない為、このままとします。

f:id:torusanada98:20210209074350j:plain

ラグ板取り付け

取り付け用の穴は開けていません。現物合わせで開けていきます。最初はGND配線用の6極のLラグを取り付けます。取り付け位置は現行アンプに合わせて電源トランス手前のシャーシ左右のセンターとしました。養生したボンネットに乗せて慎重に取り付け穴を開けました。バリをとり早々にLラグを取り付けました。

f:id:torusanada98:20210209074413j:plain

次に電源配線用の6Px2の平ラグを取り付けます。取り付け位置は、現行アンプに合わせて電源トランス横としました。取り付け位置に平ラグを置き、取り付け穴センターに印を付けて、慎重に穴をあけました。スタッド長は基板に合わせて10mmとしています。

f:id:torusanada98:20210209074434j:plain

説明が漏れてしまいましたが、出力トランス横に出力トランス配線中継用に4極のLラグを2個取り付けています。問題なく取り付けが進み調子に乗ってきましたが、次回もシャーシ内部の部品取り付けを行います。

 

つづく(製作編7)

無帰還広帯域真空管アンプ(製作編5)

f:id:torusanada98:20210208121627j:plain

製作編5

シャーシ加工が終わったので部品の取り付けを開始します。

電源トランス取り付け確認

前回の記事で角穴加工が終わったので取り付け確認を行います。念のため電源トランスの上面をボールで紙養生しました。

f:id:torusanada98:20210208121655j:plain

後で忘れないように、トランスカバーの増し締めも行いました。どの程度効果があるか不明ですが、唸り対策のつもりです。

f:id:torusanada98:20210208121710j:plain

事前処理が完了した電源トランスをそろそろとシャーシに下ろします。案の定、取り付け穴位置がずれていて、そのままでは装着できませんでした。

f:id:torusanada98:20210208121732j:plain

角穴位置と大きさは問題なさそうです。取り付け穴を装着確認した際のネジの当たっている向きに丸棒ヤスリで削ります。装着確認を何回か行い無事取り付けができました。

f:id:torusanada98:20210208121809j:plain

シャーシ内はこんな感じです。

f:id:torusanada98:20210208121824j:plain

基板用スタッド取り付け

電源トランスは重いので一旦取り外して作業を続けます。最初は終段バイアス調整用基板のスタッドを取り付けます。両面基板を使ってボリュームをアンプ稼働状態で調整できるようにしています。ボリュームの高さに合わせて取り付け用のスタッドを10mmとしました。ボリュームは基板センターに取り付けができない為、穴位置をずらしていますが、微妙にずらしが足りずに、ボリューム用の穴を外側に、基板取り付け用の穴を内側に削り、なんとか我慢できる取り付け状態となりました。

f:id:torusanada98:20210208121850j:plain

反対側の基板も同様の調整が必要でしたが、無事取り付け確認ができました。

f:id:torusanada98:20210208121906j:plain

ボリュームが光って見えるのは、ボリュームの仮固定をセロハンテープで行っている為です。基板取り付けの最後は電源基板用スタッド取り付けです。なんら問題なく取り付け確認ができました。

f:id:torusanada98:20210208121928j:plain

チョークコイル取り付け

次はチョークコイルの取り付け確認を行います。取り付け穴に合わせてチョークコイルを置いた時点で、配線用の穴を開け忘れている事に気づきました。

f:id:torusanada98:20210208122119j:plain

現物合わせで、取り付け穴を結ぶラインのセンターから17mmの位置にφ4.2の穴を開ける事にしました。

f:id:torusanada98:20210208122013j:plain

チョークコイルの取り付けフランジおよび本体カバーが黒なので、黒のM4ネジを調達したいとおもいます。

フロントパネル部品取り付け

最初はハンドルを取り付けます。クリアランスがなく、ナットの締め込みが難しい為、他の部品を取り付ける前に行います。

f:id:torusanada98:20210208122148j:plain

案の定下側のナットのねじ込みがうまくできませんでした。仕方がないので正面側のネジでパネルを挟み込みました。反対側も同様の対応を行い無事ハンドルを取り付けられました。

f:id:torusanada98:20210208122212j:plain

次は波動スイッチを取り付けます。スナップインの為本体を押し込みますが装着できません。穴の上下を削って、スナップイン機構の負担を減らしてみましたが、状況が変わりません。状態を詳細に観察したところ左右が干渉している事がわかり、削ったところすんなり固定ができました。

f:id:torusanada98:20210208122247j:plain

おかげで上下を削りすぎて力を加えると上下に本体が動きますが良しとします。フロントパネル最後は、電源ランプ取り付けです。事前に確認を行っているので問題なく取り付けができました。

f:id:torusanada98:20210209072126j:plain

後の配線を考えて、端子がほぼ水平に並ぶ姿勢で取り付けています。ここまで順調に組立ができました。次回はリアパネル部品取り付けから再開します。

 

つづく(製作編6)

無帰還広帯域真空管アンプ(製作編4)

f:id:torusanada98:20210202073224j:plain

製作編4

シャーシ上面の加工を行います。

閑話

記事の余裕がない中、本日は休日を返上して棚卸しの対応をしてきましました。私の勤める会社では、1月の日曜を除く最終日に棚卸しを行います。当該日が平日の場合、休みにしますが幸い今年は30日(土)の対応となりました。人件費をかけずに実施する為に、管理職のみの対応です。部門の担当者は新機種立ち上げの為に残業時間が100Hに届く勢いの為、代わりに私が対応しました。昔と違い管理職と言えども残業時間の管理は要求されます。通勤の往復が約4.5Hで、対応時間は約20分と非効率な休日対応となりましたが、テレ棚卸等できないものかと切実に思いました。昼過ぎに自宅に戻り作業再開です。

穴あけ加工開始

前回の記事で穴あけポイントにポンチで印を付けました。

f:id:torusanada98:20210202073257j:plain

角穴の頂点を除きφ2の穴をあけました。φ2のビットは弱く、熱を持つと切れにくくなり、穴位置がずれてしまうため3カ所開けたらビットのメンテナンスを繰り返しました。続いて全ての穴をφ3.2に広げます。

f:id:torusanada98:20210202073320j:plain

穴の数が多いので大変です。続いてM3ネジを使った固定用の穴以外をφ4.2に広げました。

f:id:torusanada98:20210202073337j:plain

またもやここでミスを犯してしまいました。真空管ソケット本体の穴径拡大するところを、固定用の穴を計3カ所広げてしまいました。外観はソケットのフランジで隠れるので、固定さえできれば問題なさそうです。M3ナットで固定できればいいのですが、最悪平ワッシャを入れて対応したいとおもいます。続いてチップジャック用の穴をφ6に、終段バイアス電流調整用のボリューム穴をφ8に、真空管ソケット本体及び出力トランス配線用、トランス角穴加工ハンドニブラ用の穴をφ10に広げました。

f:id:torusanada98:20210202073400j:plain

加工用に開けた穴以外のバリを処理します。最初は真空管ソケット取り付け用のネジ穴です。

f:id:torusanada98:20210202073422j:plain

このバリを7.2mm径のドリルの刃を使って手加工でバリ取りを行いました。加工後はこんな感じです。

f:id:torusanada98:20210202073439j:plain

残りの取り付け用の穴も同様に処理を行いました。

f:id:torusanada98:20210202073457j:plain

シャーシパンチ加工

またまたシャーシパンチ加工です。初めは真空管ソケット用のφ18の穴開けです。ウスがシャーシ上面となるため、加工端面にキズが付きましたが、真空管ソケットのフランジで隠れるため気にしません。

f:id:torusanada98:20210202073522j:plain

そのままでは穴径が小さくソケットがはまらなかった為ヤスリで削りました。そんなに手間がかからずにソケットが装着できました。

f:id:torusanada98:20210202073543j:plain

取り付け穴位置は問題なさそうです。同様にφ18の穴をさらに3カ所開けました。

f:id:torusanada98:20210202073607j:plain

次に一番外側の真空管ソケット取り付け用にφ21の穴をあけます。こちらの方がやや力が必要でしたが、無事穴が開きました。

f:id:torusanada98:20210202073627j:plain

このソケットもそのまま装着できずに、ヤスリで穴径を若干拡大しました。ソケットを装着するとこんか感じです。

f:id:torusanada98:20210202073643j:plain

先に取り付け確認を行ったソケットと比べてすっきりしています。もう一方も同様の加工を行い真空管ソケット取り付け穴加工は完了です。

f:id:torusanada98:20210202073704j:plain

電源トランス取り付け穴加工

最後は電源トランス取り付け用の角穴の加工を行います。φ10の穴にハンドニブラを差し込んでカットしていきます。ハンドニブラ本体をシャーシ内にいれてカットが行える為、加工精度があげられます。写真はカット途中の状況です。

f:id:torusanada98:20210202073728j:plain

わりときれいにカットできているとおもいます。カット完了するとこんな感じです。

f:id:torusanada98:20210202073744j:plain

一部カットラインがずれていますが、わりときれいにカットできました。平ヤスリでカットラインを整形します。

f:id:torusanada98:20210202073801j:plain

さらにいい感じになりました。次回はシャーシに部品を取り付けていきます。

 

つづく(製作編5)

無帰還広帯域真空管アンプ(製作編3)

f:id:torusanada98:20210201072948j:plain

製作編3

リアパネルの加工から再開し、シャーシ上面の加工準備を行います。

XLRパネルコネクタ取り付け

XLRパネルコネクタはアマゾンで発注しましたが、中国発送の為、注文後17日経過していますが、まだ到着していません。ノーブランド品のため都度加工寸法の確認が必要ですが、現品がないので確認ができません。幸い再度在庫を確認したところ2個XLRパネルコネクタを発見しました。

f:id:torusanada98:20210201073013j:plain

過去に使用した残りなので、図面上の加工寸法は問題ありません。安心して製作ができます。φ10の下穴をφ25に広げますがシャーシパンチを使用します。

f:id:torusanada98:20210201073037j:plain

シャーシパンチは力勝負です。いつもの事ながらへとへとになりましたがなんとかパンチを終えました。

f:id:torusanada98:20210201073053j:plain

あらら、なんか変です。カット端がだれています。やらかしてしまいました。φ25のカッターにφ30用のウスを使ってしまった事が原因でした。このウスはφ25とφ30が共用になっているため装着ミスが詳細原因です。ラジペン等で矯正しようとしましたが、無理だったのでそのまま使用する事にしました。XLRパネルコネクタを取り付けるとこんな感じです。

f:id:torusanada98:20210201073117j:plain

コネクタ脇に隙間がありますが、我慢の限度内です。気を取り直してもう一方の加工を行います。今度は間違えずにウスをセットしました。

f:id:torusanada98:20210201073138j:plain

今度はきれいに穴があきました。XLRパネルコネクタを取り付けるとこんな感じです。

f:id:torusanada98:20210201073211j:plain

これでリアパネルの加工は完了です。

f:id:torusanada98:20210201073236j:plain

シャーシ上面加工準備

前回の真空管アンプ製作の際に、トランスの取り付け寸法を間違えて加工図を作成して痛い目を見たので、今回は加工前に改めて現品の寸法確認を行いました。改めて加工図を掲載します。

f:id:torusanada98:20210201073306p:plain

最初に電源トランスとチョークコイルを確認します。

f:id:torusanada98:20210201073327j:plain

どちらも問題なさそうです。続いて真空管ソケットを確認します。追加で発注したものもぎりぎり届きました。

f:id:torusanada98:20210201073353j:plain

現在海外輸送がコロナの影響で逼迫している為、大幅な到着遅れを心配しましたが、数日の遅れですみました。

f:id:torusanada98:20210201073416j:plain

左が在庫分で右は今回購入品です。案の定寸法が異なりました。在庫品はφ18で取り付けられますが、今回購入したものはφ21に変更が必要でした。尚、取り付けネジのピッチの変更は不要です。図面に赤ペンで寸法を記入し、図面の変更は後で行います。

f:id:torusanada98:20210201073440j:plain

基板と出力トランスケースは前回使用したもとの同じ物なので確認を省略します。新たに調達した部品は以上です。

シャーシ加工開始

初めに加工図を外形に沿って切り取ります。但し、両サイドはボンネット取り付け用フランジを逃げています。カットした加工図を外形に沿ってシャーシに貼り付ける為にシャーシに合わせてみました。

f:id:torusanada98:20210201073506j:plain

なぜかサイズが合っていません。長辺方向が約10mm短くなっています。フロント・リアパネル加工図と同じプリンタで印刷したのに何でだろう?改めて印刷しなおすしかありません。せっかくなので印刷前にソケットのサイズ修正も行いました。修正加工図は以下のとおりです。

f:id:torusanada98:20210201073528p:plain

今はA3用紙が使えない為、左右とセンターの3枚に分けて印刷してシャーシに貼り付けました。

f:id:torusanada98:20210201073553j:plain

今度はサイズは問題ありませんでした。センター用の加工図面に従ってチョークコイル、電源トランス、電源基板の取り付け穴のセンターにポンチで印を付け、センター加工図を剥がして、それ以外の加工穴のセンターに印をつけました。加工穴センターおよび角穴の頂点にポンチで印をつけました。加工図を剥がすとこんな感じです。

f:id:torusanada98:20210201073617j:plain

今回トラブル連発させてしまったので、一旦間をとります。次回は気を引き締めなおしてシャーシの加工を行います。

 

つづく(製作編4)

無帰還広帯域真空管アンプ(製作編2)

f:id:torusanada98:20210127072934j:plain

製作編2

引き続きフロントパネルの加工を進めます。

電源ランプ取り付け

加工図上の穴径はφ7.2ですが、ステップドリルの径が2mmきざみの為、φ6の穴をあけています。1mmきざみのステップドリルがある事がわかっていますが、注文するのを忘れてしまい、次の製作で悔やむ事の繰り返しです。リーマーで穴径を拡大してヤスリで整えて取り付けできました。

f:id:torusanada98:20210126073237j:plain

波動スイッチ取り付け

続いて電源スイッチの取り付け加工を行います。取り付けはスナップインの為、穴の加工寸法に注意が必要です。まずはφ10の穴にハンドニブラを差し込んでラフに穴あけします。

f:id:torusanada98:20210126073302j:plain

筐体内にハンドニブラを入れると、カット線にそってカットできますが、下端のライン以外は外側からカットせざる得ませんでした。その結果が写真のとおりです。

f:id:torusanada98:20210126073326j:plain

穴を大きめにしてしまうと、スナップインが緩くなってしまうため、あまり攻めずに穴あけした結果です。この後平ヤスリを使って地道に角穴を整形しました。

f:id:torusanada98:20210127072957j:plain

何度もスイッチの挿入確認をして、やっと装着できる状態になりました。

f:id:torusanada98:20210126073351j:plain

完全に填め込んでしまうと外せなくなってしまうため、途中までの装着としています。やや傾いているので、完全装着の際に角穴を追加整形したいと思います。これでフロントパネルの加工は完了です。

f:id:torusanada98:20210126073421j:plain

リアパネル加工

リアパネルも同様に加工を進めます。初めに加工図を外形に沿って切り取りリアパネルの外形に沿って貼り付けました。

f:id:torusanada98:20210126073446j:plain

ポンチで印を付ける為に、ワークベンチにシャーシを固定しました。

f:id:torusanada98:20210126073507j:plain

穴のセンターおよび角穴の4つの頂点に印をつけました。加工図を剥がし、フロントパネルと同様にφ2のビットで穴をあけていきます。XLRパネルコネクタおよびACインレットの固定ネジはφ3.2まで、ハンドルはφ6まで、その他の穴はφ10まで広げました。

f:id:torusanada98:20210126073531j:plain

ハンドル取り付け

φ6の穴をφ1/4インチまで広げます。穴径拡大時に固定用のナットと板金間のクリアランスを意識して上下位置を調整しました。フロントパネルで加工を行ったので、リアパネルの加工はスムーズにできました。

f:id:torusanada98:20210126073556j:plain

f:id:torusanada98:20210126073608j:plain

スピーカーターミナル取り付け

φ10の穴をあけています。ターミナルの取り付けは、絶縁用のモールド製のスリーブを板金に差し込む必要があります。そのままでは装着できなかった為、リーマーとヤスリで少しづつ穴径を拡大して装着確認を繰り返しました。同じ作業を4回繰り返す為、やや苦痛でしたが無事取り付けができました。

f:id:torusanada98:20210126073632j:plain

ヒューズホルダ取り付け

φ12の穴をあけています。この穴を上下に延ばして上下の幅を13mmとします。楕円形状で回り止め構造となりますが、下穴がφ12ではやや大きく完全な回り止めとする事ができませんでした。ヒューズは頻繁に交換するものではないので気にしない事とします。

f:id:torusanada98:20210126073657j:plain

ACインレット取り付け

フロントパネルの波動スイッチと同様にハンドニブラで角穴をあけます。波動スイッチと違い、固定はネジの為加工寸法に神経を使う必要はありません。下端のカット線のみハンドニブラをシャーシ内に入れてカットし、他は外からカットしました。後は力ずくで平やすりで角穴を整形するのみです。同時に取り付け穴位置の微調整も行いました。努力の結果は以下のとおりです。

f:id:torusanada98:20210127073024j:plain

さっそくACインレットを取り付けてみました。

f:id:torusanada98:20210126073721j:plain

なかなかいい感じです。調子が乗ってきたところですが、次回は体力勝負のシャーシパンチを使ったXLRパネルコネクタ取り付けから加工を続けます。

 

つつく(製作編3)