安定化電源製作(製作編1)

製作編1 製作編恒例のトランジスタのhfe測定からスタートし、部品を揃えます。 トランジスタ準備 今回の安定化電源は、ヘッドフォンアンプで使用したトランジスタと同じものを使用します。具体的にはサンケンの2SC3851A/2SA1488Aと東芝の2SC1815GR/2SA1015G…

安定化電源製作(設計編)

設計編 安定化電源回路の動作の理解ができたので、設計を行います。 設計仕様 今回は、チャンネルデバイダー用の電源の載せ替えを前提に設計を行います。図はチャンネルデバイダーの回路図です。 オペアンプを使ったベッセル特性のアクティブフィルターとそ…

安定化電源製作(構想編)

構想編 ディスクリート構成の安定化電源を使ったアンプの音を聴いてみたいとおもい、安定化電源の設計製作を構想します。 電源回路 今までの製作で採用した電源回路は大きく以下のとおり大別できます。 1)全波整流コンデンサ平滑回路 2)ツェナーダイオード+…

A級バランスHPアンプ製作(まとめ編)

まとめ編 やっと完成したので、設計のまとめと音を聴いた印象を紹介します。 設計まとめ HPアンプ回路は当初の設計から下記3点を変更しました。 ・ゲインを約9.2倍(19.3dB)から2倍(6.0dB)に下げた ・終段のアイドリング電流を70mAから60mAに下げた ・出…

A級バランスHPアンプ製作(製作編26)

製作編26 前回発振対策が終わったので、残るハム対策を含めて完成度を上げます。 ハムの状況 バランス出力はまったくハムが聴きとれません。アンバランス出力は聴きとれるレベルのハムが出ています。アンバランス系で気になる点は、ヘッドホン出力でL/Rチャ…

A級バランスHPアンプ製作(製作編25)

製作編25 位相補償コンデンサの容量を調整して発振対策を行いましたが、発振が止められなかったため、状況を整理して改めて対策を検討します。 状況の整理 前回は、いきあたりばったりに対策及び効果確認を行い、泥沼に入ってしまったので状況を整理します。…

A級バランスHPアンプ製作(製作編24)

製作編24 修理の終わったヘッドフォンアンプ基板をシャーシに取り付けて動作確認をします。 再組立 基板をシャーシに取り付けて配線を元通りに接続します。ヘッドフォンを接続せずに電源を入れます。最初に終段のアイドリング電流を確認しました。ターゲット…

A級バランスHPアンプ製作(製作編23)

製作編23 amp4の出力が-9Vに貼り付く原因を今度こそ特定して修理を完了させます。 原因の特定3 シャーシに組み込んだ状態では検討しにくいため、基板単体で確認を行います。 シャーシ取り付け状態の確認と同様に、電圧増幅段のみ電源を入力して症状が同じ事…

A級バランスHPアンプ製作(製作編22)

製作編22 ゲイン変更後の確認で、4チャンネル目のヘッドフォンアンプで不具合が発生したため、原因を特定して修理します。 おさらい ヘッドフォンアンプのゲインが高すぎて、ボリュームの調整範囲が狭いためゲインを9.2倍から2倍に下げました。4チャンネル…

A級バランスHPアンプ製作(製作編21)

製作編21 動作確認で発覚した3つの不具合の原因を特定して対策を行います。 3つの不具合 4回分イベントレポートを入れましたので、思い出すために前回の「A級バランスHPアンプ製作」記事で確認した3つの不具合についておさらいします。 ・バランス出力は…

2017真空管オーディオフェア(番外編13)

番外編13 前回につづいて、2017真空管オーディオフェアのレポートをします。 講演3 「オープンテープからデジタル録音のヒストリィ」のタイトルで加藤しげき先生の講演でした。 企画はラジオ技術を発行しているアイエー出版です。サブタイトルは「フィール…

2017真空管オーディオフェア(番外編12)

番外編12 先週に引き続き、オーディオイベント真空管オーディオフェアに行ってきましたので2回に渡ってレポートします。 真空管オーディオフェア 今年は23回目で10/8と10/9の2日間、秋葉原損保会館で開催されました。主催は真空管オーディオ協会で後援は…

2017東京インターナショナルオーディオショウ(番外編11)

番外編11 前回に続き、2017東京インターナショナルオーディオショウをレポートします。 ステラゼファン このブースは初めての体験ですが、今回一緒に見学している仲間の提案によって訪れました。ここはStella Inc.とzephyrn inc.の共同ブースでどちらも海外…

2017東京インターナショナルオーディオショウ(番外編10)

番外編10 HPアンプ製作は佳境ですが、昨年に引き続き東京インターナショナルオーディオショウを見学してきましたので、2回に渡ってレポートします。 2017東京インターナショナルオーディオショウ 今回は35回目で、9/29(金)~10/1(日)の3日間、有楽町の…

A級バランスHPアンプ製作(製作編20)

製作編20 残りの配線を行い通電確認を行います。 ヘッドフォン出力配線 残った配線は、ヘッドフォンアンプ出力とヘッドフォンジャック間です。ヘッドフォンジャックへの配線仕様を確定させるため、インターネットで3.5mm3極と2.5mm4極のヘッドフォンプラグ…

A級バランスHPアンプ製作(製作編19)

製作編19 電源系の配線が終わったので、信号系の配線を行います。 信号入力ラインの配線 本機には、アンバランス入力とバランス入力の2系統あります。どちらもリアパネルの端子からプリアンプの入力用端子台に配線します。アンバランス入力はRCAピンジャッ…

A級バランスHPアンプ製作(製作編18)

製作編18 前回、シャーシへの基板とトランスの取り付けが終わったので配線を行います。 配線 配線の種類を分類すると、電源の1次配線、電源の2次配線、信号の配線、電源ランプの配線があります。電源の2次配線にはトランス-電源基板間と電源基板-アンプ間に…

A級バランスHPアンプ製作(製作編17)

製作編17 フロント・リアパネルの加工が終わったのでボトムシャーシの加工を行います。 ボトムシャーシ ボトムシャーシの基板取り付け面のサイズはW314xD230です。初めに加工完了したフロントパネルとリアパネルを取り付けて基板の配置検討を行いますが、そ…

A級バランスHPアンプ製作(製作編16)

製作編16 前回、フロントパネルの加工が終わったので今回はリアパネルの加工を行います。 リアパネル リアパネルには、RCAジャック、XLRパネルコネクタ、ロータリースイッチ、ヒューズホルダとACインレットを取り付けます。この中でXLRパネルコネクタ、ヒュ…

A級バランスHPアンプ製作(製作編15)

製作編15 ケースの加工図面が完成したので、それを使って加工に着手します。 ケース 前回の記事で紹介したとおり、今回選択したケースはタカチ電機のUS-320LHです。アマゾンのマーケットプレースに出店しているストアから購入しました。日曜発注で、翌週の月…

A級バランスHPアンプ製作(製作編14)

製作編14 基板への部品実装が全て終わったのでシャーシの設計を行います。 選定したケース 今まで製作してきたプリアンプ系のアンプ類に比べて基板が1枚多く、トータルの消費電力も大きいことから従来選択していたケースより1サイズ大きな物を購入しました…

A級バランスHPアンプ製作(製作編13)

製作編13 アンプ基板の実装が完了したので、電源基板の実装を行います。 電源回路 最初に設計をおさらいします。終段をA級動作させるために、発熱を考慮して終段の電源電圧を下げたため、片チャンネルあたり4電源となりました。バランスヘッドフォンの駆動…

A級バランスHPアンプ製作(製作編12)

製作編12 HPアンプ最後のamp4の実装を行います。 amp4実装 初段はカスコード用NPNのペアと電流源用NPN単品が必要です。残りのトランジスタからカスコード用としてNo.8と9を、電流源用にNo.25を選択しました。 HPアンプ用のNPNの残りの所用は2個です。続いて…

A級バランスHPアンプ製作(製作編11)

製作編11 amp2の製作が完了したので次の基板のamp3の製作を開始します。 amp3製作開始 ここからは先の基板のコピーの製作となります。自分の製作した手本を見ながら実装を行います。細部についてはより効率の上がる配線があれば変更します。 amp3初段の実装 …

A級バランスHPアンプ製作(製作編10)

製作編10 前回の記事でHotチャンネル(amp1)の実装が終わった基板にColdチャンネル(amp2)の実装を行います。 amp2実装 amp1の実装で、電源線の配線および端子台の実装が完了していて、部品の配置も決まっているので、実装の効率は上がります。amp1の実装…

A級バランスHPアンプ製作(製作編9)

製作編9 前回の記事で発振対策が完了したので、amp1を調整して動作確認を行います。 調整の続き 改めて終段のアイドリング電流を50mAまで上げて、出力オフセットおよび2段差動アンプの電流の調整を行います。この状態で終段のアイドリング電流が安定する事…

A級バランスHPアンプ製作(製作編8)

製作編8 HPアンプ片チャンネルHot分の実装が終わったので通電確認を行います。よりアンプの特長を示すためにタイトルを変更しました。 通電準備 前回の記事で、通電にはユニバーサル電源を使用することを説明しましたが、私の使っているユニバーサル電源に…

A級バランスHPアンプ製作(製作編7)

製作編7 HPアンプの2段目のバイアス回路以降の実装を行います。 発注ミス再び 前回につづき、またしても発注ミスが発覚しました。発振防止用のディップマイカ22pFを購入したつもりが、150pFを購入していました。 今回は部品表上は正しく記載されていました…

A級バランスHPアンプ製作(製作編6)

製作編6 プリアンプ基板の製作が終わったので、HPアンプ基板の製作を開始します。 部品の準備 製作用の部品は、早いタイミングで一気に注文することにしています。全て通販で準備していますが、送料がばかになりません。購入漏れした場合、漏れたもののみの…

A級バランスHPアンプ製作(製作編5)

製作編5 前回の記事で途中まで製作したプリアンプ基板を組み上げて通電確認を行います。 オペアンプ 今回の製作には、過去の製作でMUSES01への換装により余っていたMUSES8920を使用します。使用するに当たり改めてMUSESをネット検索したところ、MUSESシリー…